探偵FAQ
  • 浮気・不倫調査
1978view

ダブル不倫は心まで繋がれる?夢中になる理由とリスク・最悪の結末

ダブル不倫は心まで繋がれる?夢中になる理由とリスク・最悪の結末

ダブル不倫はお互い家族が居るため、将来についてなど深く考えずに付き合えます。そのため、関係がズルズルと長引いてしまうことも・・・。

不倫相手も結婚しているため罪悪感なく会えますが、一方で取り返しのつかないリスクを負ってしまうケースもあります。

今回は、ダブル不倫がやめられない理由やきっかけ、実際にあった最悪の結末などについて詳しくお伝えします。

ダブル不倫の特徴とやめられない理由

ダブル不倫と不倫の違いは、お互い結婚していながら交際(体だけの関係を含む)してしまう行動です。

不倫の場合、既婚者と独身者が関係を持つ行動のため、裏切られる家族は1組のみ。ダブル不倫は2組の家族が裏切られる形になるため、大きなリスクとなってしまいます。

ダメージ力が2倍になってしまうダブル不倫、なぜやめられないのでしょうか。その理由を詳しくお伝えします。

軽い気持ちで楽しめる

結婚するといいことばかりではなく、悪いことも当然出てきます。この悪い部分を共有できるのは、結婚している相手しか共感できません。一度、結婚歴があっても現在は独身なので、当時の気持ちは薄い記憶でしか残らないでしょう。

ダブル不倫は、相手の家庭を守りつつ関係性を保つため、軽い気持ちで楽しめる特徴があります。

また、不倫の関係だと独身者側は「将来結婚したい」という気持ちが強くなる傾向があります。しかし、ダブル不倫はお互い結婚しているため、このような気持ちを強く持つことはほとんどありません。

割り切った関係で会える

家庭に帰ると妻や子供たちが待っているため、ダブル不倫は割り切った関係で会えます。家族よりも不倫相手との時間を大切にする人もいますが、多くは家族優先での関係性を求めています。

お互い帰る場所があるため、関係性が自然消滅してしまっても、心のダメージが少ない状態で別れられます。ズルズルと気持ちを引きずらず済むため、私生活への影響も少ない特徴があります。

不倫より罪悪感が少ない

どちらか片方にパートナーが居てお付き合いする浮気や不倫と違い、ダブル不倫はお互い既婚者なので、少ない罪悪感で接することができます。

多くは長続きしない関係ですが、中には家族に知られるまでダブル不倫を続ける人もいます。たとえ長続きしても、浮気や不倫より罪悪感が低いため悪いことをしている自覚は弱い傾向があります。

家庭ではストレスのない生活で過ごせる

ストレス社会の日本は、職場だけではなく家庭での不満も知らず知らずに溜まりがち。通常、このストレスを家族に向けて発散する人が多く、夫婦ケンカしたり子供に冷たくあたってしまうケースを多く見かけます。

暖かな家庭を築き上げたいと思っても、趣味などでストレス発散できないと平常心を保つのが難しいですよね。

ダブル不倫する人はこのときにストレスを発散し、家庭に持ち帰らないというスタンスで心を保っています。

体の相性がよくまた会いたくなる

体の相性のほか、会話が弾むなどさまざまな面で相性のいい人とは、また会いたくなるものです。ダブル不倫は悪いこととわかっていながらも、快楽を求めてまた会ってしまう特徴があります。

不倫相手と一緒にドライブや旅行へ出かけるのではなく、欲求不満を満たすため体だけの関係で繋がっているダブル不倫も多いです。心も体もリラックスできる相手が見つかると、長続きする傾向があります。

スリルや刺激がたまらない

ダブル不倫は2組の家庭を壊す可能性があるため、リスクも約2倍あります。その分、お互いの家庭に知られないというスリルも2倍です。

日常の生活に飽きている人やドキドキやワクワクなど刺激が好きな人は、一度のみならず何度もダブル不倫をしてしまいます。また、真面目一筋だった人が刺激的な一日を過ごしてしまうとダブル不倫がやめられず、非日常感から抜け出せなくなります。

時間を合わせやすい

ダブル不倫のスタイルは、基本的にお互いの家族を優先します。そのため、会う時間帯は仕事が終わってからが一般的です。

その日によって仕事量は違うため、残業しなくてはならない日もあるでしょう。お互い仕事をしていると、忙しいことを理由に時間を合わせやすく、一緒に居る時間を作りやすい傾向があります。

寂しい気持ちを発散できる

家に帰っても一人の時間が多い、夫婦の会話がないと心が寂しくなり、誰かと話したくなるものです。孤独感からダブル不倫に走ってしまうケースも珍しくありません。

家庭を持っている不倫相手なら、寂しい気持ちや心の埋め方を知っています。一緒に居ることで孤独な気持ちから開放され、家に帰っても満たされた気持ちで家族に接することができます。

現実逃避できる

男性は夫と父、女性は妻と母と2つの顔を持っています。家族のことを思って、さまざまなことを犠牲にしている人も多いでしょう。

たとえば、小さな子供を育てる家庭は「化粧する時間がない」「一人になる時間がない」と小さなストレスが溜まっていきます。

ダブル不倫は家庭での顔とは違い「男女の顔」で接することができます。日常生活から現実逃避した時間を過ごせるため、ダブル不倫をやめられない人が急増しています。

なぜダブル不倫へ?きっかけと夫婦の実態

家庭の方が大切で優先しているのに、なぜダブル不倫をしてしまうのでしょうか?

不倫相手と出会ったきっかけと家庭内での夫婦の実態についてお伝えします。

恋愛体質でパートナーに満足できない

元々、恋愛体質の人は結婚しても別の異性を探し求めるケースが多いです。また、恋愛ドラマや映画・漫画などの影響から、パートナーに満足できない人もいます。

この欲求不満を求めて、友人の紹介やSNSなどでダブル不倫できる相手を求めてしまいます。禁断の恋やお付き合いした人数が多い人は気をつけましょう。

冷めきった家庭内の仮面夫婦

家庭内別居、会話は必要最低限だけ、そんな夫婦も珍しくありません。

表の顔と裏の顔を持つ人もおり、見た目だけでは判断できない夫婦も多いです。子供がいるとすぐ離婚というわけには行かず、仮面夫婦で長年生活している人もいます。

結婚しているものの、お互い空気のような存在の仮面夫婦は今の結婚生活に満足できないことをきっかけに、ダブル不倫をしてしまうケースが多いです。

仕事場が同じで好意を抱いてしまった

ダブル不倫した相手との出会いが「同じ職場」であるケースが非常に多いです。

結婚すると合コンや友達を通じた紹介など、人との出会いはめっきりなくなってしまいます。そのため、新しい出会いは職場や子供を通じて知り合った親などが一般的です。

中でも同じ職場でのダブル不倫は、一緒に何かをやり遂げるとの理由から、好意を抱きやすい傾向があります。初めは意識していなかったけど、一緒にプロジェクトを成し遂げたり残業でサポートしたり、お互い協力し合うことで距離が近づいてしまうのでしょう。

不倫されたので仕返し

浮気や不倫は相手を深く傷つけ、一生記憶に残る心のダメージを受けます。

別の人と関係を持っていたことを許し和解して終わったのに、ダブル不倫という形で仕返しをされる。とくに珍しい話ではありません。

不倫された仕返しで、さらに深い精神的ダメージを与えるために、結婚してからダブル不倫というケースもよくある話です。

単身赴任や里帰り出産などで一人の時間が多い

単身赴任や里帰り出産などで、家族が離ればなれで住む家庭もあります。仕事や家族が増えるなどの理由なのに、ダブル不倫されるのは心外ですよね。

一人の時間を嫌う人や寂しがりやな人は、家に一人になる短期間であっても誰かを求めてしまうのでしょう。出会うきっかけは元カレや元カノ、出会い系などさまざまルートがあります。

無趣味で時間を持て余している

なにか一つでも趣味を持っている人は、日常生活に満足している傾向があります。家族と趣味、時間がいくらあっても足りないと思いますよね。

しかし、趣味が一つもない人や専業主婦(主夫)などは、一日の時間を長く感じてしまうことも・・・。持て余した時間を活用し、ダブル不倫をしてしまうこともあります。

同窓会で同級生との再会

ダブル不倫は職場での出会いが多いとお伝えしましたが、同時に同窓会がきっかけという人も多いです。

青春時代を一緒に過ごしてきた同級生は、すべてを思い出せなくとも短編的な記憶は誰にでもあると思います。同窓会で同級生と再開したことで、当時の気持ちや記憶も蘇り、ダブル不倫に走ってしまう人も多いです。

こんな人はダブル不倫にハマりやすい!

社会人生活や結婚生活に満足していないからといって、必ずしも全員がダブル不倫するとは限りません。

ダブル不倫をしやすい人やハマりやすい人を、男女別にそれぞれご紹介します。

男性 寂しがりや
お金と時間に余裕がある(財布が夫婦別など)
ストレスを抱え込みやすい
女性遊びをしていた(過去に浮気など)
性欲が強く毎日でもしたい
優柔不断な性格
女性 寂しがりや
一人の時間を欲しがる
好きな人がよく変わる
意志が弱く真面目な体質
自分の容姿に自信がない
男友達が多い(過去に浮気など)

男女ともに「寂しがりや」「過去に浮気した経験がある」人は、ダブル不倫にハマりやすいです。

また、男性は割り切った関係の気持ちで行動しがちですが、女性がダブル不倫するときは心まで繋がりたいなど、本気度が高い傾向があります。ダブル不倫を一度経験すると、現実逃避などの理由から抜け出せないケースが多いので気をつけましょう。

家族にダブル不倫が発覚!考えられるリスクは6つ

ダブル不倫をしていることを、このまま家族に知られずに終わることもありますが、多くは周囲に知られ関係を断ち切らなくてはいけません。

問題は、ダブル不倫を家族に発覚されたあとのリスク。考えられるリスクは、次の6つです。

リスク1.パートナーからの復讐

割り切った関係でダブル不倫をしていたのに、パートナーからの復讐で同じことをされた。

そんな悲しい思いをしてしまう人も大勢います。妻や夫のことは好きだけど、快楽を求めてダブル不倫に走るのは後悔しか残りません。家庭環境を壊したくない人は、後のことも考えて行動しましょう。

リスク2.離婚を求められる

一度きりのダブル不倫、パートナーなら大目に見てくれるのは大間違いです。

たった一度きりの裏切りだからこそ、早急に離婚を求める人も多いです。なぜなら、一緒にいることで、精神的苦痛や子供へもいいイメージを与えないからです。

世間体を気にして離婚だけは避けたい、家族の方が大切と思っているならダブル不倫は今すぐやめるべきです。

リスク3.子供からの白い眼差し

子供だからダブル不倫のことなんてわからない・・・、この考えは真逆です。

こういったピリピリとした空気、両親の険悪ムードは子供だからこそわかる部分でもあります。大好きだった親が別の人と一緒に居た姿を見たり想像することで、一瞬で嫌いになってしまうでしょう。

心に大きな傷を負ったまま成長し、一生「親がダブル不倫していた」という眼差しで見られることに間違いありません。

リスク4.慰謝料を請求される

ダブル不倫は2組の家庭を崩壊させる行動とお伝えしました。そのため、リスクも2倍、もちろん慰謝料も高額になる傾向があります。

ダブル不倫は家庭のほかに、不倫相手との交際に必要なお金も用意しなくてはいけません。散々お金を使った挙げ句、最後に慰謝料請求されるのは苦痛な出来事です。

リスク5.本気度が高いほど立ち直れない

ダブル不倫は都合のいい関係、割り切った関係と自覚していたものの、毎日ラインで連絡していたり長続きすると、相手への本気度が高くなりがち。

女性の方が本気になりやすいのですが、男性の本気の恋をしてしまうケースも珍しくありません。

家族にダブル不倫が知られ別れなくてはいけなくなったとき、立ち直れないほどの精神的ダメージを強く受けることでしょう。

リスク6.退職に追い込まれてしまう

ダブル不倫のきっかけが同じ職場だった場合、会社に知られてしまうと退職を迫られる可能性もあります。

信用性のある人を求める職場が多く、ダブル不倫は人としての信頼性も失わせてしまう行動です。そのため、家族から退職を迫られるのではなく、会社側から解雇を求められる可能性もあります。

ダブル不倫の終わりは?最悪な結末の体験談

「誰にも知られなければダブル不倫なんてバレない!」「家族には普段どおり接すれば大丈夫!」そんなにうまくいくことはありません。

ダブル不倫をした人たちが向かえた最悪な結末、どういった体験談があるのかいくつかお伝えします。

噂が職場に流れ会社と家族から見放された

同じ職場の一つ後輩とダブル不倫しました。相手の夫にバレたのか、会社の上司から突然呼び出されて事実確認してきました。当然、知らないと伝えましたがLINEなどの証拠を出されすべてを自白。

最終的に会社からは自己退職するように伝えられ、家族からは離婚届。一時的な感情でこんな犠牲を負うとは思いもしませんでした。(38歳/営業)

LINEを見られ相手の家族と話し合いへ

スマホなんてチェックしないと思っていたけど、妻がこっそりLINEを見てしまったそうで・・・。そこからが修羅場でした。泣きわめき、相手の家族とも話し合いたいと急遽みんなで会うことになりました。

向こうの夫からの要求と妻からの罵倒、当時は精神的に辛かったです。今は子供のために離婚せず、別居という形で過ごしています。(40歳/自営業)

探偵事務所に調査されていた

絶対誰にも知られていないと思っていた関係でしたが、夫は探偵事務所に依頼して私達を調査していました。突然見せつけられた写真の証拠を目の前にし、言葉が出なくなりました。

離婚を求められることなく、今までどおりの生活。とても恐怖で何も言えない立場になりました。未だに責められることもなく結婚生活が続いていますが、子供たちが巣立った後が一番心配です、(37歳/パート)

相手が本気へ!離婚と再婚を求められ困った

浮気相手とは気持ちを持たない関係でしたが、相手はどうやら違ったようです。お互い離婚して再婚することを強く求められ、初めははぐらかしていましたが家族にも影響を与えるような嫌がらせを受けるようになりました。

結局、家族にもダブル不倫していたことを打ち明けて、相手の知らない地へ引っ越しました。家族みんなに迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。(45歳/営業)

妻から「好きな人ができた」と連絡

妻のことを好きなままダブル不倫してしまいました。反省して家族の元へ戻ったのですが、ある日妻が朝早くから家にいませんでした。連絡すると「別に好きな人ができた」と他の男性のところへ行ってしまいました。

相手に裏切られる気持ち、今回のことでとても身にしみました。今は少し人間恐怖症で、仕事も精神的な問題から休職しています。(50歳/管理職)

ダブル不倫の慰謝料は高額!相場と確実に受け取る方法

不倫による慰謝料は、被害を受けた側(不倫された方)が不倫した相手に要求します。しかし、ダブル不倫はお互いが既婚者になるため、慰謝料はそれぞれの夫婦(不倫した側)から請求できます。

たとえば、A家の夫とB家の妻が不倫した場合、次の相手から慰謝料を請求され払わなくてはいけません。

慰謝料を払う人 慰謝料の請求者
A家の夫 A家の妻
B家の夫
B家の妻 A家の妻
B家の夫

上記のように、ダブル不倫したお互いの夫や妻(被害者)から慰謝料を要求されます。また、子供が居て離婚する場合、養育費の請求もプラスされるでしょう。

ダブル不倫の慰謝料相場

ダブル不倫は一般的な浮気や不倫と違い被害者が多いため、慰謝料の相場金額が高くなる傾向があります。

離婚しない場合 50万円~100万円
離婚する場合 200万円~300万円

上記の金額は、1人に支払う慰謝料です。ダブル不倫はお互いの夫や妻2人に被害を与えているため、2倍の金額を支払うのが一般的です。一度っきりの過ちとはいえ、その代償はとても大きいものといえます。

ダブル不倫の慰謝料は状況により高額請求されやすい

慰謝料の算出は、さまざまな要素が加算されて決まります。たとえば、体の関係があったのかなど、具体的にどういった要素で慰謝料は高くなるのか一例をお伝えします。

  • ダブル不倫の関係が長続きしている
  • 不倫したときの年齢がお互い高い
  • ダブル不倫の話を持ちかけた人(誘った人)
  • ダブル不倫をされた家族や子供の精神状態
  • 生活環境の崩れなど(引っ越しせざるを得ない状況など)

結婚しているけど、ダブル不倫が誰にもバレなければ問題ないという気持ちは、大変危険です。お互いの家族を巻き込むだけではなく、社会的地位や立場まで失ってしまう可能性があります。

ダブル不倫を許せない!慰謝料請求には証拠が必要

ダブル不倫は一時的な快楽であり長い関係ではないものの、された側は気持ちが落ち着かない人も多いでしょう。

家族崩壊とまで行かなくても心に強い傷を負ってしまったときは、不倫した相手2人に慰謝料請求をしましょう。お金で精神面を解決できるものではありませんが、禁断の愛には大きな代償があることをわからせることが大切です。

ダブル不倫は状況により高く慰謝料を要求できます。それには、確かな証拠と相手の納得が必要です。自分ひとりで証拠集めや慰謝料請求が難しいなら、探偵事務所など専門家へ相談するのもおすすめです。

まとめ|ダブル不倫は心まで繋がれずお金がかかる

ダブル不倫は非日常的な生活が楽しめ、ストレスから開放されるメリットがあります。しかし、その代償として家族崩壊や高額な慰謝料請求などデメリットもあるでしょう。不倫をする人とされる人、どちらにも精神的ダメージを強く受けるため、よく考えて行動しましょう。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧