探偵FAQ
8467view

浮気の少ない職業を徹底調査!ランキングで各職業の浮気率を解説

浮気の少ない職業を徹底調査!ランキングで各職業の浮気率を解説

浮気をされた、あるいはされたくない方からすれば「浮気の少ない職業に勤める人」を求めたいはずです。

そこで浮気の少ない職業や浮気率を男女別にランキング形式でお伝えします。合わせてさらに浮気率を下げる方法も解説していますので参考にして下さい。

男性で浮気の少ない職業ランキングベスト5

まずは男性の浮気率の低い職業順に、詳しくお伝えします。

※ランキングは浮気した人の職業データを元にしています。

1位:僧侶や神父

男性で最も浮気の少ない職業と言われているのが、僧侶や神父といった聖職者です。

聖職者の多くは配偶者以外の女性と性的関係を持つことを罪と感じる人が多いため、他の職業よりも浮気をする確率はかなり低くなっています。

姦淫(かんいん)は罪という教えが身に沁みているようです。

上記の理由から、僧侶や神父といった聖職者の離婚率が低いのも特徴のひとつです。

2位:地方の役所に勤める公務員

一般的に、首都圏や都会で高い役職に就いている公務員は浮気や不倫をする確率が高いです。

実際、よく目にする不貞や売春行為のニュースには役職付きの公務員が目立ちます。

しかし、地方の役所に勤める公務員は、地域柄、浮気や不倫をするとすぐに悪い噂が広まってしまうので、浮気をする確率がかなり低いです。

また、地方は人口が少ない関係で歓楽街が限られていたり、女性の顔見知りが多いので、浮気している姿を誰かに見られやすいのも関係しているでしょう。

地方の役所の公務員は浮気がバレれば退職を余儀なくされる空気にもなりやすいので、人生を棒に振るうリスクを犯してまで浮気をする人は少ないです。

3位:理系の研究者

科学研究社やエンジニアは職場内に男性が多い上に激務で時間がないことから、浮気率の低い職業とされています。

もちろん、研究者にも仕事と女性との関係を両立する人もいますが、そもそも研究をするのふぁ好きなタイプも多いので、彼女や妻以外の女性を相手する人は少ないです。

リケジョと呼ばれる理系の女性も昔よりは大幅に増えていますが、まだまだ男性よりは少ないのが現実です。

企業によりますが研究者は給料も高い傾向があるので、浮気をされたくない女性の結婚相手としてはかなり良いかも知れません。

4位:プログラマー

プログラマーは常に納期に追われ激務というケースが多いため、単純に浮気する時間がなくて浮気率も低いです。

企業によりますが、会社へ泊まり込んで仕事をしたり、毎日残業が当たり前という環境で作業をしているプログラマーは少なくありません。

給料は高くても、パートナー以外の女性と遊んでいる余裕がないというのが現状です。

5位:伝統を受け継ぐ職人

伝統を承継する職人の多くは々鍛錬をしたり技術を磨くのに忙しく、「代々受け継がれてきた伝統を自分の代で終わらせることはできない」という考えを持っているので、浮気をする時間がありません。

また、浮気をする時間があっても、刀鍛冶職人であればその時間に1本でも多く刀を打つのが好き、ガラス職人であればガラスを焼くのが好きなど、単純に仕事を好きなケースが多いです。

特に家業を継いで職人になったのでなく、その文化に憧れて職人になった場合はその傾向が顕著なので、職人は浮気率が低い傾向にあります。

女性で浮気の少ない職業ランキングベスト5

女性が勤める職業の中で、浮気が少ないのはどんな職場なのでしょうか。

※ランキングは浮気した人の職業データを元にしています。

1位:僧侶や聖職者

男性同様、女性の僧侶や聖職者は「姦淫は罪」と考えを持つ人が多く、浮気率は非常に低くなっています。

また、女性の聖職者の方が「浮気=罪」という気持ちは強い傾向にあるため、男性の聖職者よりもさらに浮気率は低いです。

教えに従って清らかな心と考えで過ごすことを意識しているため、心に決めた人以外と浮気をすることはゼロではありませんが少ないです。

2位:弁護士や探偵事務所

男性の弁護士は一説では浮気率が60%と言われるほど浮気率の高い職業なのですが、反対に女性弁護士は浮気率がかなり低くなっています。

特に浮気が少ないのは、浮気のリスクを誰よりも知っている「浮気や不倫・離婚」を担当する女性弁護士です。

数多くの浮気案件を対応していると、浮気するとどんな末路が待っているのか、愛し合ったはずの夫婦が醜く罵り合う様を嫌になるほど見ることになります。

浮気が発覚すれば多額のお金や時間、精神的ダメージを負うため、自分から進んでリスクを背負うようなことは避けるようです。

3位:エンジニア

エンジニアは男女の区別が少ないため、女性も男性同様に激務です。納期に間に合わせるために黙々と作業をこなすことになります。

彼氏や夫以外の相手に気持ちが芽生えたとしても、そもそも浮気する時間がないので浮気率も低いです。

また、エンジニアは事務職や営業とは違い人と接する機会が少ないのも、浮気をする確率が低い要因の一つでしょう。

4位:高校教師や大学教授

男性教師は浮気率が高い傾向にあるのですが、逆に女性の教師・教授は浮気率が低いです。

義務教育ではない高校や大学は、勉強したい人だけが集まる学校なので、その気持に答えるべく教師や教主は忙しい日々を送っています。

特に部活動を担当している教師は、授業の後に自分の仕事と並行して遅くまで生徒たちの対応をし、その後も残った翌日の準備などの業務をしなくてはいけません。

そのため、過労死ラインを超えて働いている方も多いくらいなので、浮気する時間はほぼゼロに等しいと言えるでしょう。

よくドラマや映画などで高校教師と生徒の恋愛話がありますが、女性教師の場合はあまり現実的ではないと言えるでしょう。

5位:自営業(個人事業主)

フリーランスとして活動する女性の多くは事業を成功させるべく強い気持ちを持っているため、男性を相手にする時間が勿体ないと考えています。

事業を成功させるために男性と関わる事は多いですが、浮気をする時間があれば事業を成功させるために使いたいという方が多いです。

ただ自営業といっても様々な種類があります。業種よってはお金や時間に余裕があるので、浮気しやすい条件が揃っており、浮気率も高いです。

浮気の少ない職業に共通している特徴や理由

  1. 仕事を楽しいと感じる人が多い
  2. 仕事が忙しくプライベートな時間がない
  3. 異性との関わりが少ない
  4. 浮気する代償の大きい職業

基本的には上記の特徴を満たしている職業は、浮気率が低い傾向にあります。

ただ例外もあり、広告代理店や一部外資系企業、医者は激務でプライベートな時間が少ないのですが、その中でも浮気をする方が非常に多いです。

とはいえ、基本的には仕事で時間が足りない職業や、浮気のリスクが高い職業は浮気する確率が低いと言えるでしょう。

浮気の多い職業の共通点

逆に浮気の多い職業の特徴は「お金がある」「時間の都合がつけやすい」「黙っていてもモテる」という職業です。

全てを満たす経営者や、やり手の営業マンは浮気率の高い職業の代表と言えるでしょう。

浮気の少ない職業の浮気をさらに防ぐ方法

一緒に過ごす時間を大切にする

浮気の少ないエンジニアや研究者、教師・教授といった職業は多忙のため、プライベートな時間も少ない傾向があります。

そのため、一緒に居る時間を大切にして思う存分楽しみましょう。

一緒に過ごす時間を楽しむことで、浮気をせずとも心が満たされる環境を作り上げることができます。

仕事の時間が長いと「浮気しているのでは?」と考えてしまうこともあると思いますが、信じてあげましょう。

仕事の悩みを聞いてあげる

どんな仕事にも悩みはありますが、浮気率の少ない仕事は多忙であったり独自の事情を抱えていることが多いので、実は結構ストレスを溜め込みがちです。

悩み事や不安が重なると誰かに聞いてもらいたくなるので、そこから異性の友人や同僚との浮気に繋がる、というケースはよくある話です。

パートナーが浮気の少ない職業だからといって、見て見ぬふりはいけません。後悔しないためにも、仕事の悩みはしっかり聞いてあげましょう。

コミュニケーションやスキンシップを取り信頼関係を強める

浮気を防ぐためには、日頃からコミュニケーションやスキンシップを取り合うことはとても大切なポイントです。

一緒にいる間は会話を積極的に行ったり、できる限り「好き」「愛している」といった言葉をかけるようにしましょう。

仕事が忙しくて一緒に居る時間が少ないからこそ、コミュニケーションを取るのはとても重要です。

浮気の少ない職業ランキングまとめ

パートナーが浮気の少ない職業に就いていたからといって、安心をしてはいけません。

本人に浮気する気持ちがなくとも、相手からアプローチされて浮気をしてしまうケースも少なくないです。

より確実に浮気を防ぐためにも、日々のコミュニケーションは欠かさないようにしましょう。

また、万が一浮気をされてしまった場合は、探偵などに依頼して証拠集めをするのがおすすめです。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧