探偵FAQ
  • 浮気・不倫調査
4053view

浮気されやすい人の特徴を紹介|浮気される女性の共通点とは

浮気されやすい人の特徴を紹介|浮気される女性の共通点とは

残念ながら浮気をされやすい人には共通点があります。

当記事ではそんな浮気されやすい人の特徴を紹介しつつ、浮気されやすい場合の対処法なども解説しますので参考にして下さい。

浮気されやすい女性に多い特徴

自分でなんでも出来てしまう

男性の多くは頼られたい、求められたいという気持ちがあるため、なんでも自分で出来てしまう女性は浮気をされやすいです。

もちろん、自立した女性をかっこよく思う男性も増えていますが、ふとした瞬間に弱さを見せる女性の方がモテやすいのが事実です。

あまりに一人で何も出来ないのは問題ですが、何でも出来てしまうと男性は自尊心を満たせるちょっと弱い女性に浮気をしてしまいます。

夜の営みを拒否しすぎる

体調の悪い日や気分が乗らない日は男性に体を求められても断るのは当然ですが、それがあまりにも多いと浮気されやすいです。

男性は体を重ねることで愛情を確かめる人も多いため、体の関係を拒否すると心が離れてしまい、そのまま浮気されることが多いです。

尽くしすぎる

こちらからすると、大好きなパートナーには何でもしてあげたい、尽くしてあげたいと思うかもしれません。

その気持ちは大変素晴らしいものですが、あまりにも尽くしすぎると異性でなく「母親」と見られてしまい、浮気されやすくなります。

また、人によっては「これだけ尽くしてくれるんだし、浮気しても許されるだろう」と考えるので注意が必要です。

なんでもすぐに信じてしまう

大切なパートナーを信じるのは大切なことですが、無条件でなんでも信じてしまうと、それを利用して浮気されやすいです。

男性からすれば「浮気なんてしないよ」とでも言っておけば疑われないと考えるので、その良心を利用されてしまいます。

なんでも疑ってしまう

逆にちょっとした事ですぐ疑いの目を向けてしまう女性も、一緒にいる男性が疲れてしまい浮気されやすいです。

なんでも信じてしまうのは考えものですが、ちょっと帰りが遅いだけで「女と会ってたんじゃないの?」「私のこと嫌いになったんじゃないの?」と言うような女性では、一緒にいても心が休まりません。

多少であれば自分のことがそれだけ好きなんだ、とポジティブに捉えることもできますが、度が過ぎると苦痛になり浮気に繋がってしまうでしょう。

パートナーを束縛しすぎる

ほかの女性に心移りしないよう束縛や監視するのは重要ですが、それが過度な女性は浮気される確率が高いです。

仕事の帰りが遅い、休日に友達と遊びに行く場合、「誰と?」「行かないで!」など困るような発言をすると、嫌気が差して逆に浮気されやすくなります。

最初の頃は可愛いヤキモチで済みますが、男性は基本的に縛られると逃げたくなるものです。

本来なら浮気なんてしない善良な男性が、あなたから逃避するために浮気をしてしまうという最悪な展開に繋がる可能性があります。

感情的になりやすい

すぐ怒ったり、感情で発言をする、上から目線で文句を言ってしまう女性も浮気されやすいです。

感情的になりやすい女性といると男性は疲れてしまうので、徐々に心が離れて他の女性を求めやすくなってしまいます。

喧嘩をする事があっても、可能な限り理性的な発言をするよう心がけたほうが良いでしょう。

すぐ人の悪口を言う

人の悪口は、基本的にあまり気分が良いものではないです。

そのため、悪口が多いと聞かされている男性がストレスを感じてしまい、悪口を言わない女性に浮気をしやすくなります。

会社の愚痴や多少の悪口は溜め込むと体に良くないので仕方がありませんが、過度の悪口は控えるようにしましょう。

楽しい会話をできる女性の方が居心地が良いので、一緒にいたいと思われ浮気もされにくいです。

愛情が重すぎる

愛情があるのは素晴らしいですが、束縛と動揺に度が過ぎると男性はプレッシャーに感じてしまい浮気をされやすくなります。

休みの日は全てパートナーに捧げる、逐一行動をLINEで報告する、パートナーの行動を全て把握しようとする女性は要注意です。

結婚願望が強い

幸せな結婚への憧れや、出産の年齢などを考えるとなるべく早く結婚をしたいのは当然ですが、結婚願望が強すぎると男性は重いと感じてしまい浮気されやすいです。

特に真面目な男性の場合、結婚となると貯金や子どもが出来たあとの収入面の不安、立派な父親になれるかどうかの不安など、女性以上のプレッシャーを感じます。

そのため、あまりにも結婚を急かしたり、「子どもは◯人ほしいね」みたいな先走った会話をすると、プレッシャーを感じずに済む体だけの関係を求めて浮気をしてしまいます。

浮気されやすい人が浮気されるパターン・体験談

浮気されやすい人が実際に浮気されるパターンを、口コミを元にいくつか集めてみましたのでご覧下さい。

  1. 職場の後輩に仕事を教えていくうち、彼女にはない優しさや気遣いが見えて浮気しました。(営業/29歳)
  2. パートナーの束縛は激しいので、飲み会で知り合った女性と気楽な体だけの関係を続けています(自営業/34歳)
  3. 全然愛情表現をしてくれない彼女に冷めてしまい、好きと言ってくれる年下の女性と浮気しました。(管理職/41歳)
  4. 一緒にいて苦痛な妻の悩みを聞いてくれる友人と体の関係になりました。今も月2回ペースで会っています。(アルバイト/22歳)

なお、浮気されるきっかけとして多いのが「お酒の場」「職場」です。

どちらも自分の話をゆっくり聞いてくれたり、アドバイスされる事が多いので、一緒に居て居心地いい女性は好かれやすい傾向があります。

浮気されやすい女性が取るべき対処法

精神的に自立し束縛を控える

束縛などパートナーを縛り付けるような行動は、浮気を防ぐ上では逆効果です。

パートナーに依存せず、一緒に居て心地よいと感じる環境を整えることで、浮気されにくくなるでしょう。

女磨きや身だしなみを忘れない

付き合いが長くなると、つい身だしなみや生活習慣を手抜きしていまいがちです。

女性であれば近所への買い物や自宅では常にすっぴんであったり、家ではシワだらけの部屋着で過ごすような日が続くと、段々相手を異性として見れなくなります。

毎日とは言いませんが、出来る限り付き合いたてや結婚当初を思い出し、女磨きや身だしなみを整えるようにしましょう。

相手を異性として想えるようになれば、浮気される可能性も減ります。

パートナーに常に感謝の言葉を伝える

当然のことですが、パートナーに何かをしてもらったら必ず感謝の言葉を伝えましょう。

付き合っている期間が長いと、つい感謝の言葉を言う頻度が減ったり、言わなくても伝えるだろうと思ってしまいがちです。

しかし、感謝をされて嫌な人はいませんので、親しき仲でも謙虚な姿勢で接することで愛情が深まり浮気もされにくくなるでしょう。

素直に愛情表現をする

浮気されやすい女性は、感情や愛情表現が弱い傾向があります。

「愛している」「◯◯と一緒にいて幸せだよ」等、言葉はなんでもいいので出来る限り愛情表現をすることで、愛されていないのではないかという不安を吹き飛ばすことができるでしょう。

日本の離婚率が高い原因の一つにも愛情表現の不足があるくらいですので、表現を増やすことで浮気されにくくなります。

探偵に浮気調査を依頼して証拠を集める

浮気されやすく実際に今浮気されて悩んでいる女性は、探偵に依頼して浮気の証拠を集め、問い詰めることで相手の浮気を抑制する事も可能です。

こちらが愛情表現を増やしたり、束縛を控えることで浮気をやめるパートナーなら問題ないのですが、単に浮気症の場合はこちらが浮気されない行動をした所で無意味です。

そのため、浮気調査のプロである探偵に依頼することで証拠を集め、痛い目を見てもらうことで浮気をされないようになります。

ただし、証拠もない状態で問い詰めると、軽い浮気だったのに本気の浮気にさせてしまったり、名誉毀損で逆に訴えられる、浮気が原因で離婚をする際に不利になる等のリスクがあるので注意しましょう。

浮気されやすい女性の特徴まとめ

パートナーを束縛したり、愛情表現が苦手な人は男女問わず浮気されやすいです。

誰しも居心地の良い相手といる方が楽しいので、心を満たしてあげることを意識すると良いでしょう。

また、自分が行動を改めても浮気される場合や、浮気されている確証がある場合は、探偵に浮気調査を依頼して証拠を集めるのも手です。

パートナーを問いただすにしても、慰謝料請求などをするにしても証拠がなければこちらが不利になる可能性が高いので注意しましょう。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧