探偵FAQ
  • 浮気・不倫調査
25view

浮気って誰でもやってるの?都道府県別・男女別の浮気率をチェック!

浮気って誰でもやってるの?都道府県別・男女別の浮気率をチェック!

一度も浮気をしたことがない人にとって「浮気をするなんて信じられない!裏切り行為だ」と思いますが、実際にどれくらいの人が浮気をしているのでしょうか?

このページでは、意外と知らない「浮気率」についてご紹介します。

浮気率が高いのは〇〇県!都道府県別浮気率ランキング

浮気をするかどうかに県民性は関係するのでしょうか。都道府県別の浮気率ランキングを見てみましょう。

浮気率が高いのは埼玉県

避妊具メーカーの相模ゴム工業では性に関する調査「ニッポンのセックス」を実施しています。同社によると性に関して日本で最大規模の調査だそうです。

この調査では初体験の年齢や性行為の経験人数、性行為の満足度などかなり踏み込んだ内容を調査しています。

調査概要は下記の通りです。

  • 調査期間……2018年10月25日(木)〜11月5日(月)
  • 調査対象……47都道府県の20〜60代 男女(本調査14,100名はセックス経験者のみ)
  • 調査人数……14,100名(1都道府県300名、性年代均等割付)(事前調査:29,315名)
  • 調査方法……インターネット調査

気になる調査結果は次の通りです。

順位 浮気率が高い 浮気率が低い
1位 埼玉県(31.03%) 鳥取県(14.88%)
2位 京都府(25.63%) 島根県(16.74%)
3位 和歌山県(24.27%) 三重県(16.94%)
4位 岐阜県(23.91%) 石川県(17.14%)
5位 山口県(23.48%) 茨城県(17.17%)

これを見ると、埼玉県の浮気率は約31%で、3人に1人が浮気をしているということになります。
ちなみに東京都の浮気率は22.69%で、全国12位でした。

浮気率に県民性は関係ない!?

上記の調査は2018年の結果ですが、同社は2013年にも同様の調査を実施しています。それによると、浮気率のランキングは2018年とは異なる結果が出ています。

順位 浮気率が高い 浮気率が低い
1位 島根県(26.5%) 秋田県(15.4%)
2位 富山県(26.2%) 静岡県(17.1%)
3位 三重県(25.6%) 広島県(17.6%)
4位 兵庫県(25.4%) 千葉県(17.6%)
5位 東京都(25.0%) 埼玉県(18.0%)

2018年には浮気率が低い方から2番目だった島根県が5年前の調査では1位になっています。また、2018年に1位だった埼玉県は5年前では低い方から5番目という結果です。

このことから、浮気率と県民性はあまり関係がないのではないかと考えられます。

浮気率の男女別のデータ

上の調査は男性も女性も合わせたデータですが、相模ゴム工業では男女別の調査結果も公開しています。

埼玉県は男女ともに浮気率トップ

2018年の浮気率の男女別の調査では、次のような結果が出ています。(調査概要は上と同じです。)

【男性】

順位 浮気率が高い 浮気率が低い
1位 埼玉県(34.6%) 長崎県(14.0%)
2位 京都府(34.5%) 徳島県(18.3%)
3位 北海道(32.4%) 山形県(18.9%)
4位 沖縄県(32.1%) 石川県(19.1%)
5位 東京都(31.4%) 鳥取県(20.7%)

【女性】

順位 浮気率が高い 浮気率が低い
1位 埼玉県(28.0%) 長野県(8.9%)
2位 愛媛県(21.4%) 茨城県(8.9%)
3位 長崎県(20.8%) 大阪府(9.2%)
4位 千葉県(20.7%) 三重県(9.3%)
5位 和歌山県(20.3%) 鳥取県(9.5%)

このように男女ともに埼玉県が1位になっています。

浮気をするのは男性の方が多い!

1位の埼玉県の例で見てみると、女性の浮気率は18%ですが、男性は34.6%で男性の方が高くなっています。

浮気率がもっとも低い都道府県を見ると男性は長崎県の14%ですが、女性は長野県で8.9%とかなり低いことがわかります。

このことから浮気をするのは女性よりも男性の方が多いと言えますね。

世界の浮気率ランキング1位はアジアのあの国

次は世界に目を向けてみましょう。

イギリスの避妊具メーカー・デュレックスが2015年に浮気調査を実施しました。デュレックス社はコンドームの世界シェアの約4分の1を占める企業です。それだけに世界規模での調査が可能なのでしょう。

その結果を見てみましょう。

世界の浮気率トップ10

世界の浮気率の上位10位は次の通りです。

  1. タイ……56%
  2. デンマーク……46%
  3. イタリア……45%
  4. ドイツ……45%
  5. フランス……43%
  6. ノルウェー……41%
  7. ベルギー……40%
  8. スペイン……39%
  9. イギリス……36%
  10. フィンランド……36%

タイの浮気率が世界1位

女性に気軽に声をかけるイタリアの浮気率が高いのかと思ったら、実はアジアのタイがダントツで浮気率が高いという結果でした。

その理由はわかりませんがタイの女性は決してパートナーの浮気を許しているわけではなく、浮気が発覚すると男性の陰部を切り取るという事件が起こっているほどです。

国を問わず浮気は控える方がいいですよね。皆さんも海外旅行に行った際にはご注意ください。

日本の浮気率

タイの浮気率は56%で、2人に1人は浮気をしているということになります。一方、日本は都道府県ランキングで1位だった埼玉県でも31%なので、世界トップの足元にも及びません。

それでも浮気は離婚や慰謝料請求などに発展する可能性があります。

浮気の代償は大きい

上でも書いた通り、結婚しているのにパートナーが浮気をすると「裏切られた」という気持ちが強くなり、離婚に発展するケースが多くあります。

浮気は離婚理由に大きく関係している

裁判所が公開している「司法統計」(平成28年度版)によると、離婚を申し立てる動機と件数は次のようになっています。

申立ての動機 夫側 妻側
性格が合わない 11,137 18,990
異性関係 2,594 8,357
暴力を振るう 1,535 10,459
酒を飲み過ぎる 423 2,983
性的不調和 2,406 3,462
浪費する 2,268 5,139
病気 795 844
精神的に虐待する 3,590 12,358
家庭を捨ててかえりみない 1,098 4,125
家族親族と折り合いが悪い 2,682 3,354
同居に応じない 1,719 1,024
生活費を渡さない 682 14,087
その他 3,708 5,402
総数 18,134 48,351

異性関係で離婚を申し立てるのは女性側が多い

上の表からもわかる通り、異性関係を理由に離婚を申し出るのは夫側よりも妻側の方が多く、約3倍になっています。

他にも性的不調和や家庭を捨ててかえりみないなども浮気と関係がある可能性があります。さらには浮気相手との交際のために浪費したり、生活費を渡さなかったり…ということも考えられます。

浮気の代償は高くつく

軽い遊び気分や酔った勢いで浮気をしてしまったというケースがありますが、浮気をされた側としてはどのような理由であっても許せるものではありません。話し合いや裁判では浮気をした方が圧倒的に不利な立場になり、次のような代償を払うことになります。

  • 離婚を申し出られて家庭を失う
  • 子どもの養育費を請求される
  • 子どもと会えなくなる
  • 慰謝料を請求される
  • パートナーの家族から責められる

このように心理的にも金銭的にも大きな痛手を受けます。

浮気をしない動物

動物は生きるために本能的に生殖活動を行いますが、浮気をしないと言われている動物がいます。鶴やペンギンは一夫一妻制で、生涯同じ相手に添い遂げることで知られています。

浮気心が起こったときは「浮気の代償」をよく考えてみてくださいね。

浮気率ランキング~まとめ

浮気率の調査では、もっとも高いのが埼玉県、もっとも低いのが鳥取県という結果でした。しかし、5年前の調査では結果が異なっているため、必ずしも県民性が関係しているわけではないようです。

ただ、浮気率は女性よりも男性の方が高いという結果が出ています。

また、世界の浮気率トップはタイで、次いでデンマークやイタリア、ドイツなどがランクインしています。

浮気は軽い遊び心で始まることがありますが、パートナーを裏切る行為であり、傷ついた相手から離婚や慰謝料を請求されることがあります。家族を失うこともあり、大きな痛手を受けます。

軽い気持ちで始めないことが大切ですね。

都道府県から探偵を探す