アナタも探偵になれる?
  • 盗聴器発見調査
46445view

盗聴器の見つけ方(発見方法)5選!盗聴器の見分け方なども紹介

盗聴器の見つけ方(発見方法)5選!盗聴器の見分け方なども紹介

そこで今回は盗聴器を発見する5つの方法や、感電や犯人の報復といった被害に合わないための行動などを詳しく解説します。自宅に盗聴器があるかもと感じてる人は参考にしてください。

既に盗聴器が仕掛けられてる確信がある方は、早急に下記の専門の業者に依頼した方が安全かつ費用も安上がりですので問い合わせをする事をオススメします。

盗聴器の調査依頼ならこちらがおすすめ
盗聴器発見サービス比較
名称 特徴

詳細を見る
おすすめ度:★★★★★
・料金:39,000円~
・盗聴器調査・発見専門
・東京・神奈川、全国出張にも対応
・電気通信の国家資格が裏付ける高水準の調査技術力に強み

詳細を見る
おすすめ度:★★★★★
・料金:20,000円~
・日本全国、24時間、365日受付、即日対応可
・国内で数少ない「国際基準」、ステルス盗聴器に完全対応!
・WEBに「料金表」を掲載中!(簡単に料金を算定)

盗聴器の見つけ方(発見方法)5選!

どんなに狭い部屋でも、小さかったり巧妙に隠されている盗聴器を見つけるのは難しいです。

盗聴されている可能性があるなら一刻も早く見つけたいと思いますが、基本的には次の5つ方法を活用することで、盗聴器があるかどうかを調べることができます。

  • 今まで家になかったものを探す(無料)
  • 盗聴器発見アプリで探索する(無料)
  • ラジオで見つける(無料)
  • 盗聴器発見機を使う
  • 探偵に調査してもらう

それぞれ、詳しくチェックしていきましょう。

今まで家になかったものを探す

盗聴器発見_ぬいぐるみ

まずは、自分の家にこれまでなかったものを探しましょう。見に覚えのない物が増えている場合、不法侵入した犯人が盗聴器を仕掛けている可能性があります。

たとえば、ぬいぐるみを集めるのが趣味で一箇所に集めて飾っているなど、新しいものが増えても気づきにくい場所は要注意です。

最近の盗聴器は小さなぬいぐるみの中にも入れられるほど、小型のタイプも増えているので人からよくプレゼントを貰ったり、家によく友達が遊びに来る人は気をつけましょう。

自力で探すのは大変ですが無料ですので、盗聴器発見器を購入したり業者に依頼するなどお金をかける前に、まずは自力で怪しい場所を探してみることをオススメします。

盗聴器発見アプリで探索する

最近は盗聴器を発見できるスマホアプリもあり、ダウンロードすることで不正な電波を受信する機能などが活用できることになっています。

ただし、スマホと盗聴器では使用している周波数が違う関係で、実際は盗聴器を発見するのは困難であり、機種によっては試しに盗聴器の上で使っても全く反応しなかったので、気休めにしかならないという事を覚えておいて下さい。

ただ手軽に使えるため、実際の効果はともかく不安な気持ちを落ち着かせることができるでしょう。

盗聴器発見器で見つける

盗聴器発見器はAmazonや楽天といった通販サイトや、ドン・キホーテ、ヨドバシカメラといったショップでも販売していますので、購入することで自分で盗聴器を発見することが可能です。

価格は安いもので数千円、高いものだと10万円以上となっており、性能によって値段がかなり違います。

ただ、市販で売られている盗聴器発見器を購入しても、知識のない素人では最近の高性能盗聴器を見つけられなかったり、そもそも盗聴器がどこにどんな風に隠されているのか知らないので、購入しても無駄になりやすいのが実情です。

もちろん盗聴器発見アプリよりは見つける確率は高いため、なるべく費用を押さえつつ盗聴器を見つけたい人におすすめです。

おすすめの盗聴器発見器については、次の項目で詳しく解説しております。

ラジオで盗聴器を見つける

FMラジオを利用して、仕掛けられた盗聴器を見つけ出す方法もあります。

使用するラジオはFMラジオが聞けるものであれば、どんなタイプでも問題ありません。

次の方法によりラジオで盗聴器を発見することが可能です。

  1. プレーヤーやスマホから音楽など音を流す
  2. FMラジオの電源を入れる
  3. 周波数帯の低いMhzからゆっくり上げていく
  4. ラジオから流している音楽が聞こえたらそこで周波数を止める
  5. ラジオを持ったまま歩き、音が大きく聞こえる箇所を探す
  6. 音が大きく聞こえる箇所があれば、その周辺に盗聴器がある

万が一ラジオで盗聴器があると思われる場所を発見した場合、自分で外そうとはせず必ず警察や発見業者を呼びましょう。

また、「盗聴器があった!」と喋ったりすると相手がストーカーであったり、近くにいた場合は逆上され二次被害が発生する可能性があります。

盗聴器を見つけても騒いだりせず、まだ気づいてないフリをしながら警察や業者を呼んで下さい。

探偵に調査依頼する

上記3つは無料ですが、盗聴器の発見率はそれほど高くない、いわゆる簡易的な調査方法となります。

より確実に見つけたいのであれば、やはり探偵や盗聴器発見業者などプロの業者に調査依頼するのが良いでしょう。

プロは高額な盗聴器発見器の他にも、6000Mhz対応の広帯域受信機など、最新盗聴器に対応した受信器をいくつも用意しています。

そのため、自宅に盗聴器が設置されてないか不安な人は、盗聴器発見の専門業者や探偵にまず相談をしてみましょう。相談だけなら無料で出来ます。

特におすすめなのが、下記の『盗聴器の発見PRO』です。盗聴器の発見を専門に運営している企業で、官公庁や芸能事務所での豊富な調査実績もあります。

料金も自分で高性能の発見器を買うよりもお手頃なので非常にオススメです。

不安な方はサイトだけでも覗いてみてはいかがでしょうか。

盗聴器・盗聴カメラ発見・除去専門の業者『盗聴器の発見PRO』の公式サイトはこちら

自分で盗聴器を見分ける方法

盗聴器発見_コンセント

家に見覚えのないコンセントがある

見に覚えのないコンセントや延長コードが自宅にあった場合、盗聴器の可能性が高いと思いましょう。

最近は通販サイトを筆頭に様々な場所でコンセント型盗聴器が入手できるため、誰でも購入して仕掛けることができます。

コンセント型盗聴器は一見すると普通のコンセントですが、カバーの内側に仕掛けられている事が多いのでほとんどの人が気づかずに過ごしています。

また、最近は延長コードなどに盗聴器が設置されているケースも多いです。

延長コードは100円ショップでも手に入るため、気づかないうちにいつも使っていた延長コードが、盗聴器を仕掛けたタイプとすり替えられているケースもあります。

見覚えのないペンや物がある

部屋に見に覚えのないペンがある、車内に買った覚えのない小物がある場合も盗聴器が仕掛けられている可能性があります。

また、電球や時計など身の回りの思わぬ物品にも盗聴器が仕掛けられていることもあります。

  1. ボールペン
  2. 電卓
  3. 電球
  4. 時計
  5. USBメモリー
  6. USB充電器

いずれも共通しているのは『自分の見に覚えのない物が増えている』ケースですので、変化があった場合は盗聴器が仕掛けられている可能性を疑いましょう。

盗聴器を見つけるなら業者に依頼するのが最適!

盗聴器が仕掛けられているか不安なら、探偵や盗聴器発見を専門とした業者へ依頼するのがおすすめです。

盗聴器は自分で発見することもできますが、巧妙に隠された盗聴器は例え機器を用いても素人では発見できないケースも多いためです。

では、具体的にどのように業者を選べば良いのかを紹介していきます。

盗聴器を探す業者の選び方

盗聴器発見の調査依頼は、使用する機材などによっても料金が大きく左右されます。

また、市販で入手できる簡易的な発見器を使って高額請求をした被害も多く見られます。盗聴器発見の業者を探すときは、次の3つを確認しましょう。

  • 業歴と実績があるか
  • 最新の機材を使用しているか
  • 今後の対策までサポートしているか

他にも表示された見積もり料金のほかに追加費用はないか聞いたり、使用する機材の性能なをど詳しく聞いて納得してから依頼の申し込みをしましょう。

先程も紹介した盗聴器の発見PROは官公庁や芸能事務所での調査実績があるだけでなく、警察OBが関わる調査体制を取っており、盗聴器発見後の除去対応や、盗聴犯に対する法的対応の面でもでもオススメする事ができます。

盗聴器・盗聴カメラ発見・除去専門の業者『盗聴器の発見PRO』の公式サイトはこちら

盗聴器の発見を業者に依頼する料金相場

アパートやマンションなどの集合住宅や一戸建て住宅、企業(店舗)によって盗聴器発見の調査依頼費が異なります。

それぞれの調査料金の相場を、次の表へまとめました。

調査面積 集合住宅 戸建て住宅 企業(店舗)
~20 28,917円 35,583円 28,917円
超過分
(5毎)
4,083円 4,083円 3,917円

※業者3社から平均を算出

盗聴器発見の業者によって料金が違い、着手金や盗聴器を見つけたときの撤去費用などを別途請求するケースもあります。

一戸建てで全ての部屋に盗聴器発見の依頼を行うと、最低でも約10万円必要になるケースが多いです。

なので依頼をする時は、ピンポイントで仕掛けられていそうな部屋のみ依頼をするのも手です。

自分で盗聴器を発見した際に絶対にNGな3つの行動

盗聴器発見_NG行動

業者へ盗聴器の調査をしてもらう前に、自分で見つけてしまうケースもあるでしょう。多くの人は気が動転して、正常な行動を取れません。万が一、盗聴器を発見したら、絶対に次の行動だけは気をつけてください。

発見を悟られるような発言・行動

盗聴器を発見すると思わず「あ!盗聴器!」など、声を出してしまうと思いますが絶対にやめておきましょう。

しかし、盗聴器を仕掛けた人はいつ室内の様子を聞いているかわかりません。

盗聴器の発見を悟られると、仕掛けた人間が逆上して何をされるか分かりません。

盗聴器を見つけたとしても普段と変わらない生活を保ち、屋外で警察や専門業者に電話をかけるなどして犯人に悟られないようにしましょう。

自分で見つけた盗聴器を外す

仕掛けられた盗聴器は犯人につながる重要な証拠ですので、見つけても素手で触れたり自分で外すのはやめましょう。

電源を使った盗聴器の場合、外すと電波が遮断されてしまい相手に仕掛けたことを気づかれてしまいます。

また、自分の指紋がつくと犯人の特定が難しくなるので、外す際は専門業者へ依頼した上で警察に立ち会ってもらうと良いでしょう。

自分だけで解決しようとする

盗聴器を仕掛けた人物が大体わかる場合、業者や警察に頼らず自分で問題を解決したいと思う方もいるかもしれません。

しかし、盗聴器を仕掛けた人へ自分だけで接触するのは危険です。それがたとえ家族(夫や妻)でも同じです。

盗聴をするような犯人は身内であっても思わぬ行動をする可能性があるため、場合によっては最悪な事件へ発展する可能性があります。

警察や業者を呼ぶのが最適解ですが、そうでなくても友人を頼るなど決して1人で解決はしないようにしましょう。

盗聴器の調査依頼ならこちらがおすすめ
盗聴器発見サービス比較
名称 特徴

詳細を見る
おすすめ度:★★★★★
・料金:39,000円~
・盗聴器調査・発見専門
・東京・神奈川、全国出張にも対応
・電気通信の国家資格が裏付ける高水準の調査技術力に強み

詳細を見る
おすすめ度:★★★★★
・料金:20,000円~
・日本全国、24時間、365日受付、即日対応可
・国内で数少ない「国際基準」、ステルス盗聴器に完全対応!
・WEBに「料金表」を掲載中!(簡単に料金を算定)

盗聴器の発見方法(見つけ方)まとめ

盗聴器はコンセントや充電器など、普段使う電気機材の中に仕掛けられるケースが多いです。

自分で取り外すと感電する可能性がある他、犯人に気づかれてしまうリスクがあるので勝手に取り外さないようにしましょう。

電気工事士など資格を持った専門業者にお願いした上で警察に立ち会ってもらい、犯人の調査などをしてもらった方が良いでしょう。

全国に盗聴器の調査を依頼できる業者はいくつかあるのですが、盗聴器の発見PROは警察OBが関わる調査体制を持ち、女性の身の安全を守る上でも最も信頼性が高いので、盗聴器の不安がある女性は利用すると良いでしょう。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧