アナタも探偵になれる?
  • 浮気・不倫調査
339view

浮気調査を自分でする!?妻や夫の浮気調査を自力でする時の注意点

浮気調査を自分でする!?妻や夫の浮気調査を自力でする時の注意点

愛するパートナーの浮気に気が付いてしまった場合、あなたはどのようなアクションを起こすでしょうか?

怒りのままに詰め寄る、動かぬ証拠をつかんで浮気を止めてもらう。愛想が尽きたと別れを検討する。さまざまな対処法があると感じますが、まずは本当にパートナーが浮気をしているのかどうなのか?といった点が大切なポイントとなります。

実際のところ怪しくはあったけれど、浮気ではなかった。こんなことになってしまえば、反対に相手からの信用を無くしてしまう結果にもなりかねません。

そこで今回は、相手の浮気を疑ったときの調査方法に関してご紹介していきます。自分でやる方法、自分一人では不安な方へのおすすめ方法などにも触れていくので、是非参考にしてみてくださいね。

妻・夫の浮気調査を自分でするには?

実際のところ妻や夫の浮気に気が付いた際、いきなり探偵を雇おうとは考えない物でしょう。できるだけ相手に気が付かれずに、浮気の証拠をつかんでやる!こう考える方がほとんどですよね。

では、自分で浮気調査をするには、どのような方法があるのでしょうか?一番に考えつくのは携帯のチェック、通話記録のチェックなどでしょう。

しかし、パートナーの浮気調査を自分だけでしようとする際に一番大切なのは、証拠を見つけた際に冷静でいられるかどうかです。

せっかく自分で調査をしたとしても、怒りのあまりに携帯を投げつけてデータを壊してしまった。相手に詰め寄って証拠を消されてしまったでは、辛い思いをしただけになってしまうことも。

自身で浮気調査を行おうと考えるのなら、まずは冷静な自分に立ち返ることから始めてみましょう。

手軽にできる浮気調査は携帯から

浮気調査の鉄板といえばやはり「携帯チェック」。現在では1人に1台が当たり前となってきている携帯には、相手のプライベートな情報が満載です。

ただ、実際に浮気をしている方達は、なかなか携帯を放そうとしませんよね。そこでわずかな時間でチェックをするためにも、事前に携帯の何をチェックしておくべきか見ておきましょう。

メール・ラインで浮気調査を

浮気の証拠を見つけるには、やはり相手との連絡を抑えることが必須のポイント。昨今では電話での連絡よりもライン電話、ラインやメールでの連絡が一般的になってきていますよね。

そこで一番にチェックすべき点もやはりメール、ラインになります。

浮気相手との交際期間が始まったばかりなら、余計に連絡を取り合っているもの。辛い言葉が出てくることも考えられますが、メールやラインの中身を精査。怪しい言葉や証拠を見つけたらスクショをして自身の携帯に送っておきましょう。

この際に、スクショや自分あてに送ったメールを削除することもポイントですよ。

SNSにも注意を

メールやラインには怪しいものがなかった。これは相手が浮気がばれないように、逐一消している可能性も考えられます。

こんな時には次いで、SNSのチェックを行いましょう。Twitterやインスタグラムなどに、知らない相手との絡み、自分とは行ったことがないお店の写真がアップされていることがあります。

ガードが緩いパートナーの場合、浮気相手との2ショットをアップしているなんてことも…。これらは無理に相手の携帯で確認せずに、アカウントだけ抜き取って自身の携帯から確認することもできますよ。

予測変換は浮気調査の宝庫

メール、ライン、SNS全てに怪しい影は無かった。でも明らかに行動がおかしい!こんな時にチェックすべき点はメールやラインで見られる予測変換です。

予測変換とは、メールやラインで文章を打ち込む際に出るもの。使用頻度が高い単語や文章が、変換前に表示される機能ですね。

例えば「す」「だ」とだけ打ち込んだ際に、予測変換で「好き」「大好き」と出るなど。自身へのメールやラインでこれらの単語を使われていないのに、予測変換で真っ先に出てくる場合は、他の人へのメッセージに使用されていると考えることができます。

やり方によっては、相手の名前が予測変換で出ることもあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

自力で行う浮気調査、鉄板はgps

携帯チェックで怪しい相手を発見した。または反対に携帯チェックでは何も出てこなかったけれど、行動が怪しすぎて白と判定できない。

こんな際、次の浮気調査の方法としてgpsを使ってみましょう。衛星によって相手の場所や行動を監視する、といった調査方法ですね。ただ、gpsで監視ができるといってもあまり身近な方法ではありません。

まずは使う道具、道具の種類や購入費用など見ていきましょう。

gpsの種類 特徴
gpsロガー 相手の位置記録を地図情報として記録する。
リアルタイムgps 相手の居場所がリアルタイムで確認できる。

gpsロガー

最初に紹介するのはgpsロガーと呼ばれる「相手の位置を記録する」もの。車やバイクに取り付けて置き、衛星から発信される位置情報を後から回収できるアイテムです。

ロガータイプのgpsは今現在の位置情報を確認する方法がないので、後からロガーを回収して、ログ(記録)を抜き出す方法をとることに。数日間つけっぱなしにしておいて、パートナーを泳がせている場面で使うのに向いているアイテムですね。

購入費用は5,000円から14,000円ほど。数日間つけっぱなしにしておくことが前提となるので、バッテリー容量が大きいものを選ぶようにしましょう。

リアルタイムgps

リアルタイムgpsは名前の通り、gpsと衛生がお互いに電波を受信しあうことで、リアルタイムで現在位置を確認できるgps。

すでに証拠をつかんでいて、決定的な場面を抑えたい時に使えるアイテムだといえます。

購入費用は10,000円前後。レンタルも可能なので、お財布事情と相談して決めていきましょう。

アプリでも浮気調査ができる

上記で携帯チェックの方法を紹介した時に触れたように、携帯は1人に1台以上の昨今。携帯そのものに仕掛ける浮気調査アプリも存在します。

こっそりとしかけておくことで、浮気調査はもちろん浮気を抑止してくれる効果も期待できますよ。

おすすめアプリ2選

  • SuicaReader
  • ケルベロス

おすすめできるのは上記の2つ。他にもたくさんの浮気調査に使用できるアプリはありますが、アイコンが出てしまうなど即バレ必至なものが多いのが現状です。

SuicaReaderは自身のスマホにインストールすれば、相手のSuica履歴が見れる優れもの。リアルタイムでは使いにくいかもしれませんが、相手の嘘を暴くには十分な情報を手に入れることができますよ。

またケルベロスは、そもそも紛失・盗難防止アプリですがこちらも浮気調査に十分に使えるアプリ。通話履歴の取得や現在位置の特定、遠隔写真撮影や音声録音までたくさんの機能が搭載されています。

ただ、android専用アプリなので、iphoneユーザーでは使用できません。

浮気調査アプリを使う注意点

なかなか便利なアプリがあると感心された方も多いのではないでしょうか?ただ、浮気調査アプリを使う際には、いくつか注意点があります。
上記で紹介した2つのアプリは、そもそもの目的が浮気調査用ではありません。

だからこそインストールしてもまだ、浮気調査用だとバレる可能性が低くなります。しかし、アプリで浮気調査をしようとしていた、とバレてしまったときに相手が逆ギレを起こしてしまうことも考えられるでしょう。

また携帯にアプリをインストールしなければいけない場合、そもそも相手にばれないようにすることは非常に難しいものです。

浮気調査アプリは、浮気をする前にお互いがインストール。どちらも浮気をしないようにしようね、というけん制として使用するほうが便利かもしれません。

浮気調査のための便利グッズも

どんなに大好きな相手であったとしても、浮気は許せるものではありません。携帯チェック、gps、アプリを駆使して浮気調査を行った後、最終的には再構築か別れるのか、決めていかなければいけませんよね。

浮気調査はもちろん、後になっても便利なアイテムに関して最後に見ておきましょう。

ボイスレコーダー

会話を録音するためのアイテム。浮気の証拠をつかむためにはもちろん、後からの話し合いで言った言わないのもめ事を納めるために必須のアイテムだといえるでしょう。

わざと家を留守にして、リビングの見えにくいところでボイスレコーダーを起動。相手との会話というゆるぎない証拠をつかむ。または、最後の話し合いで浮気を認める言葉を録音するなど。

浮気調査の際には1台あると便利なアイテムだといえますね。昨今ではボイスレコーダーアプリもありますが、アプリよりも実際のボイスレコーダーの方がよりクリアな音声をとることができますよ。

自分で尾行する浮気調査はおすすめできない

浮気に限らず対人の調査で一番確実なのが、尾行だといえます。ただ、浮気調査を行う上で自身で尾行するのは、あまりおすすめできません。

何故ならやはり素人の尾行はばれやすいから。せっかく相手とのデートに向かうパートナーを尾行しても、バレてしまえば相手を確認することはできませんよね。また、パートナーに浮気がばれていると気づかせてしまう結果になってしまうことも。

ほとぼりが冷めるまで相手と会わないようにしよう、なんてされてしまえば大失敗です。そして実際に尾行に成功したとしても、パートナーの浮気現場を直視するのはつらいものです。

冷静に動くことが必須の浮気調査、自分でする尾行調査はこの冷静さを奪ってしまう結果も考えられます。怒りや焦りで自分で動きたくなる気持ちはわかりますが、自身での尾行はやめておきましょう。

徹底した浮気調査は探偵への依頼が一番

徹底した浮気調査を行いたいのなら、やはり自分で動くよりも探偵に依頼することがおすすめです。

何といってもプロが調査をするので、取りこぼしや判断ミスを最小限に抑えることも可能でしょう。まずは実際に探偵に依頼することのメリットに関して、少し詳しく解説していきます。

プロの実力を痛感できる

何より大きなメリットは探偵は調査のプロであること。素人では思いつかないようなノウハウ、テクニックによって、あっという間に相手の浮気の証拠をつかんでくれるでしょう。

探偵がプロであることはもちろん、パートナーからすれば探偵は見知らぬ他人です。すぐ横でタバコを吸っている、携帯をつついている、そんなことがあっても見向きもしませんよね。

反対に探偵はパートナーのことを、すぐ近くで存分に調べる、監視することかが可能なのです。尾行や待ち伏せなど、探偵ならではの調査をお願いしていきましょう。

不必要に傷つかなくて済む

パートナーのことを大切に思っていれば思っているほど、相手の浮気はひどい裏切りです。そして、どうしても最後まで誤解ではないのか?といった希望的観測を捨てられないのも、また人間の弱いところ。

しかし、実際に相手が浮気をしていればどこかで証拠が出てきます。この証拠自体が、相手を信じていた人からすれば非常に傷つく内容となってしまうでしょう。

特にラブホテルから出てくるところを確認する、メールやラインで相手に愛の言葉をささやいている。今まで自分にしてきたことを、誰とも知らない相手に行っているというのは、考えているよりも傷ついてしまうもの。

しかし、これらも探偵にお願いしておけば、事前に心の準備をすることもできますよね。大まかな内容を先に聞いて、心が決まるまで確認を伸ばすこともできるでしょう。

何よりいざという時に冷静に事に対処する自信がない。このように感じるのならば、余計に自分だけでの浮気調査はおすすめできません。探偵に入ってもらい、ワンクッション置いた状態で証拠を確認をしていきましょう。

自力での調査は法に触れてしまうことも

テクニック、気持ちの問題は、やはり探偵を依頼する大きな理由になると感じます。しかし実は、これらの理由がなくとも、できるだけ浮気調査はプロに任せておいた方がいい理由があります。

それは、自力で浮気調査を行った場合、知らないうちに法に触れてしまう行為をしてしまう可能性があるためです。

浮気調査の鉄板である携帯チェック。そもそもこの方法自体が、非常にグレーゾーンであることは有名な話ですね。プライバシーの侵害として相手に訴えられてしまった場合、最悪民事訴訟になってしまう可能性も無視できません。

ただでさえパートナーの浮気で消耗している中、さらに法に触れないように調査を…と考えると非常に面倒な話になってしまいます。しかし探偵ならば、法に触れない方法で調査をすることが可能に。

どうしても自分だけで突き止める!といったこだわりがないのなら、探偵に任せてしまう方が安全だといえるでしょう。

気になる探偵の浮気調査の料金は?

ではそんな探偵を依頼する際の料金はどうなっているのでしょうか?身近な存在ではないだけに、何となくこのくらいかな…なんてイメージも付きませんよね。

探偵費用の大まかな相場を簡単に見てみましょう。

プラン名 プランの特徴
成功報酬プラン 浮気の証拠がつかめたときのみ報酬が発生するプラン。
(別途着手金あり)
着手金10万円+成功報酬25万円=35万円
(浮気の証拠がつかめなかった場合着手金のみ)
時間制プラン 調査員×調査時間によって料金が決まる 調査員1名(1時間1万円)×5時間=5万円
パックプラン 一定額以上費用が掛からないプラン パック料金20~50万円

やはり安価とはいえませんが、ピンポイントで調査をお願いできれば安く済ませることも可能でしょう。お財布事情と、パートナーの動向を把握してお願いしてみてはいかがでしょうか。

妻・夫への浮気調査は探偵への依頼がベスト!

今回は妻や夫の浮気に気が付いたとき、自分で浮気調査ができるのか?といったところを紹介してきました。

さまざまなアイテムやアプリがあることから、自身で調査をすることも不可能ではありません。しかし、法に触れる可能性、相手に調査がばれる可能性、何より必要以上に傷付かないためにも自分での調査はあまりおすすめできません。

探偵はプロです。きっちりとした調査はもちろん、依頼主であるあなたを守る意味でも動いてくれます。決定的な証拠をつかんで次のステップに、と考えているのならまずは相談から始めてみましょう。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧