アナタも探偵になれる?
  • 浮気・不倫調査
2282view

LINEやメールは浮気の証拠として慰謝料請求が可能?違法回避の注意点も解説!

LINEやメールは浮気の証拠として慰謝料請求が可能?違法回避の注意点も解説!

LINEやメールで浮気相手とやり取りをする人はとても多いので、履歴をたまたま妻(夫)が見てしまい、浮気が発覚するというケースは少なくありません。

そのときのLINEのトーク履歴やメールの送受信履歴には、はたして証拠能力(証拠として認められるだけの価値)はあるのでしょうか?

また、LINEやメールを証拠として提出する場合の違法性や、慰謝料請求の可否などについても解説していますので、参考にして下さい。

LINEやメールのトーク履歴に浮気の証拠能力はある?

証拠能力はあるがそれだけでは弱い

LINE_メール_浮気_探偵_慰謝料

結論から言ってしまうと、LINEやメールなどの送受信履歴にも証拠能力はあり、実際に浮気の証拠として使われることが数多くあります。

ただし、浮気現場の画像などに比べると証拠としての力は弱めです。LINEやメールの情報単体だけでは、慰謝料を請求する際の証拠として認められない場合も少なくありません。

あくまでもメールやLINEの履歴は本命となる証拠を補足するものと考え、決定的な証拠は画像や動画など別のものを用意した方が良いでしょう。

現場の写真や動画は必ず用意した方がいい

浮気現場の写真や動画は、浮気の証拠として最も強い効力を発揮します。なぜなら、実際に二人の顔が写った画像や映像を提出することで、肉体関係を持つ以外に考えにくい場所に二人が入ったという、動かぬ証拠となるからです。

逆に言うとLINEやメールでいくら浮気の証拠となるような言葉が書かれていても、それだけでは慰謝料の請求や離婚裁判を行うときの証拠としては不十分です。

もし夫(妻)に浮気を反省させるためだけでなく、慰謝料請求のための証拠を使うのであれば、浮気現場の写真や動画の提出はマストと言えるでしょう。

浮気現場を撮影するときは入室時と退室時の写真が必要

浮気現場を撮影する場合はラブホテルや浮気相手のマンションに入るときだけでなく、出てきたときの写真も必要です。それによって、二人で一緒に浮気現場に入り、一緒に出たという証拠になるからです。

たとえばラブホテルで浮気をしたという証拠を提出する場合、ホテルのエントランスに入るときだけでなく、出るときの写真も必要です。その際は二人の顔がはっきりとわかるように、撮影する角度や距離なども工夫して、撮影する必要があります。

浮気現場に何時間いたかも証拠としては重要

そのときに重要になるのが、「浮気現場に何時間いたか?」ということです。なぜならラブホテルから10分ほどで出てきてしまった場合、不貞行為に及ぶ時間としては不十分だからです。

浮気をしたことを証明するためには、相当の時間そこにいたことを証明しなくてはなりません。

ビデオカメラで撮影し動画から静止画を切り取るのがベスト

プロの探偵の多くは、ビデオカメラを用いて浮気現場を撮影しています。ビデオカメラは浮気現場にいた時間の長さを画像以上に説得力をもって伝えることができ、シャッター音もないので見つかりづらいからです。

さらにカメラのようにシャッターチャンスを狙わなくても、動画から静止画を切り取ることができるというメリットがあります。

そのため、LINEやメールの履歴だけでなく、まずはビデオカメラで浮気現場の動画を撮影し、そこから証拠写真として最適な静止画を切り取って報告書に添付するというのが効果的です。

LINEやメール履歴の証拠能力を強化するコツ

トークのやり取りがつながるよう撮影する

LINE_メール_浮気_証拠とするためのコツ

LINEやメールの文章を浮気の証拠として使いたい場合、トークの一連のやりとりがつながるよう、先に撮影した画面の一番下の文面を後で撮影する画面の一番上にダブらせて、トークの繋がりがはっきりわかるようにしましょう。

たとえば撮影した画面の文章の終わりが「週末は君のことばかり考えてる」というような文面だった場合、次の画面を撮影するときに、あえて「週末は君のことばかり考えてる」の文面から始まる画面を撮影するといった形です。

これによって前ページと次ページがはっきりとつながります。「日付や時刻が書いてあるから大丈夫だろう」と思う人もいるのですが、浮気の証拠を示すには、できる限りわかりやすく丁寧な、説得力のある証拠を提供する努力が必要です。

反対に途切れ途切れになっており、都合の良い編集や改変などの可能性があると証拠としての能力が弱くなってしまいます。

メールの履歴はプリントアウトできるが、印刷履歴が残る

パソコンでのメールのやり取りはスマホで撮影する以外に、プリンターでプリントアウトするという方法もあります。ただしその場合はパソコン上に印刷履歴が残るので、消去しておかないと後で夫(妻)にバレてしまうかもしれません。

プリンターの操作パネルからも印刷履歴は確認できるので、そこでわかってしまう可能性もあります。印刷履歴だけでなく、パソコンで何かを検索した場合はすべて検索履歴に残るので、注意が必要です。

LINEやメールに書かれていたことを裏付ける領収書やレシートなどを付ける

LINEやメールの文面の中には、二人で一緒に外出することがわかる文面もあります。その場合、書かれていたことを裏付ける領収書やレシートなどがあれば、内容により説得力が増します。

たとえば、「〇月〇日に一緒に湘南にドライブしない?」「OK!車はどうするの?」「レンタカーを借りるから大丈夫」というようなLINEトークがあった場合、レンタカー代の領収書や湘南のラブホテルの領収書のコピーなどがあれば、説得力がグンと増します。

クレジットカードやSuicaの履歴などがあれば、それも添付する

領収書やレシートだけでなく、クレジットカードやSuicaの利用履歴なども合わせることでLINEやメールの説得力を高めることができます。

Suicaの利用履歴は、JRの駅に行って発券機にカードを挿入し、“履歴表示”を押すと、利用履歴が表示されます。印字機能もあるので、印字して提出すれば浮気相手の住んでいる場所等にいった証拠のひとつとなるでしょう。

また、夫(妻)が浮気相手と旅行に行った場合にはインターネット上でYahooの路線情報を検索したり、高速のETCを利用している場合もあります。

そのような場合、スマホの検索履歴やETCの利用履歴を検索することで証拠のひとつとして追加することが可能です。

LINEの文面の中から、確かに浮気相手であると特定できる情報を拾っておく

LINEのIDはニックネームが多いので、トークのやり取りを見ただけではそれが誰なのかを特定することができません。

そのため、証拠としては不十分になります。証拠とするにはLINEの文面の中から個人を特定できる情報を拾っておく必要があります。

たとえば夫(妻)が「〇〇さん」と浮気相手の名前を書いていたり、年齢や職業・住所などがわかる情報を書いていたらメモをしておきましょう。

夫(妻)と浮気相手が同じ会社に勤めていると思われる言葉や、同じ趣味のサークルに通っているというような情報があればそれもメモしておきます。

浮気の証拠は、1回では足りない。できるだけ多くの情報を集めること

せっかく一生懸命浮気の証拠を集めても、それによって証明できるのがたった1回の浮気だった場合は、証拠として認められない場合があるので注意が必要です。

特に離婚裁判の場合、1回の浮気だけで離婚が成立することはほぼありません。何回か不貞行為があったことを示さないと、「気の迷いかもしれない」と判断されてしまうのです。

そうは言っても浮気現場のビデオ撮影などはそう何度もできるのものではないでしょう。そうなると頼りになるのが複数回のホテルの領収書や、LINEトークで交わした複数回のデートの約束といった情報になります。

もちろん用心深い夫(妻)であれば不貞行為の証拠となる領収書はすぐに捨ててしまうかもしれませんが、できる限り多くの情報を集めることが大切です。

夫(妻)が浮気相手とのLINEを削除していることもある!

LINE_メール_浮気_証拠_削除

浮気をしている人は妻(夫)に対して後ろめたい気持ちがあるので、LINEのやり取りをマメに消去している場合もあります。

たとえばトークの話の流れの中で妙に不自然に感じる箇所があれば、その部分のトーク履歴を削除している可能性は高いでしょう。

また、LINEのトークリストは最新のやり取りをしたトークが一番上にくる仕組みになっています。それなのに、送受信履歴が無い場合はやはりトーク履歴を削除した可能性が高いと言えます。

夫(妻)に無断でLINEを見ると違法行為で訴えられる危険性も!

夫(妻)に無断でLINEやメールを盗み見ると、たとえ夫婦でも訴えられてしまう危険性があります。

たとえば夫(妻)のLINEを盗み見たときに引っかかる危険性があるのが、個人情報保護法や不正アクセス禁止法です。

「夫婦なんだから、夫のLINEを見るぐらいいいでしょ?」という気持ちもあるかもしれませんが、夫(妻)が浮気相手と本気で燃え上がっている場合、そのことを理由に離婚請求をしてくる可能性もあるので、十分に注意しましょう。

LINEやメールで浮気チェックをする際の注意点

LINEやメールの浮気チェックは危険と知っておく

LINEやメールで浮気チェックを行うことは、浮気とはいえ相手のプライバシーに勝手に踏み込むことになるので、あばく側としては細心の注意を払う必要があります。

もちろん夫婦間であれば一度や二度夫(妻)のLINEを盗み見たぐらいで離婚が認められることはありません。しかし何度も夫(妻)のLINEにアクセスしたとなると、話は違ってきます。

火に油を注ぐきっかけになることもある

たとえば浮気相手から「たとえあなたに奥さんがいてもいい。ときどき私の部屋に来てくれて、愛し合えれば、それだけで満足なの」というようなトークがきていたとしましょう。

浮気調査なのだと割り切ってはいても、妻として心穏やかにいられないのは当然のことです。そのときに、怒りに身を任せて「ふざけんじゃないわよ!あんた人のダンナを何だと思っているの?あんたはそれで満足かもしれないけど、私はあんたが死んでお詫びしなくちゃ満足しないわよ!」というような返信を、夫に無断で出したとします。

それをきっかけに、夫が改心して浮気をやめてくれれば万々歳ですが、上記のような挑戦的なトークの文面では、火に油を注ぐような結果にもなりかねません。

夫からは「もうこの妻とはやっていけない」とあきれ返られ、浮気相手からは「そっちがその気なら」と突っ込まれて、泥沼の離婚劇に発展する可能性もあります。

たとえ浮気をした夫(妻)が悪くてもあくまで冷静な行動をとることが大切

LINEやメールで夫(妻)の浮気チェックをするときは、こういうときだからこそいつも以上に自分自身を冷静に見つめ、後で「あんなことをしなければ良かった」と後悔しない行動をとることが大切です。

たとえ浮気をした夫(妻)が悪いのだとしても、夫婦の間にもプライバシーというものがあります。

スマホが個人の持ち物であり、それを勝手に使用するのは法律的に違法行為であるという自覚をはっきりと持って、その範囲を超えない調査をするのが賢明な方法です。

LINEやメールでの浮気調査は探偵に依頼するのが最適

探偵ならより精度の高い浮気調査ができる

このようにLINEやメールの履歴をもとに個人で浮気調査をするのはリスクが大きいです。確実に浮気調査を行いたいなら、やはりその道のプロである探偵に依頼をするのがベストです。

とはいえ、探偵事務所に浮気調査を依頼するとそれなりにまとまったお金が必要になるので、何とか自分の力で済ませようとする人もいます。

でも、それで探偵の調査料を浮かせることはできても、肝心の離婚裁判や慰謝料の請求がスムーズに行かなければ何の意味もありません。

探偵ならメールやLINEを元に慰謝料請求も可能

探偵に浮気調査を依頼し、LINEやメールを元に、尾行や身辺調査でより確実な証拠を確保してくれるので、離婚裁判や慰謝料の請求もスムーズになります、

また、証拠があれば慰謝料も高額になるので、探偵料も含めて黒字になるだけの慰謝料を請求できる可能性も十分にあるでしょう。

ただ「探偵事務所に相談と言っても、どこの探偵がいいかさっぱりわからない」という人も多いかもしれません。実際、探偵の仕事は秘密裏に動くので口コミも広まりにくく、知り合いから紹介されることもほとんどないでしょう。

そんなときは「探偵広場」というサイトのトップページにある検索機能を使って、調査を希望する地域の探偵事務所を検索してください。

探偵広場に掲載されている探偵事務所は、すべて探偵業法に則った良心的な事務所ばかりなので、悪徳探偵事務所に詐欺まがいの調査をされる心配もありません。

探偵を活用してLINE(メール)から慰謝料を請求する方法

2~3社の探偵事務所から見積りを取って比較検討する

探偵事務所を探す際は最初から1社だけに絞らず、2~3社に見積りをしてその中から自分に合った探偵事務所を見つけるのが最適です。

1社だけでは提示された金額が高いのか低いのかわかりませんが、複数の見積もりを比較検討することで「A社は3人で調査するのに10万円だけど、B社は2人で調査するのに20万になってる」という事実に気付くことができます。

そうすれば「他だとこの値段だけど、なぜ高いのか」といった質問も可能です。実際、悪質な探偵事務所だと基本料金を安くする代わりに、調査員の数を増やすなどして探偵料を水増しするケースもあるので注意が必要です。

料金の安さだけでなく調査力を重視する

もちろん料金が安いに越したことはありません。しかし重要なのは「結果を出せるかどうか」ということなので、探偵事務所の調査力も高い関心を持っておく必要があるでしょう。

お金を払い、慰謝料を請求できるレベルの浮気の確実な証拠が必要だからこそ依頼をしているはずなので、安くても調査が成功しなければ意味がありません。

そのためにも複数の探偵事務所の中から安心できる所を探し、料金やプランについても詳しく聞いた上で「ここなら大丈夫」と思える探偵に依頼しましょう。

探偵に依頼経験ありor依頼検討中の方に質問です。依頼内容はどんなものですか?

匿名アンケート:このトピックに参加して回答する(外部リンク)

評判の良い探偵社はこちら

総合探偵社シークレットジャパン【中部地区】

中部地区密着できめ細かな調査! 依頼者の「ありがとう」を究めるプロ集団
総合探偵社シークレットジャパン【中部地区】
特徴
  • 全国対応・完全地元密着型の総合探偵社グループ
おすすめ
  • 全国対応
  • 10拠点以上
  • 24時間対応
  • 匿名可
対応体制
  • 女性相談員在籍
  • 男性相談員在籍
  • 24時間お問い合わせ可
  • 出張相談可

お電話で無料相談

050-5829-1912
LINEでのお問い合わせ

評判の良い探偵社はこちら

総合探偵社シークレットジャパン【関東地区】

関東地区密着できめ細かな調査! 依頼者の「ありがとう」を究めるプロ集団
総合探偵社シークレットジャパン【関東地区】
特徴
  • 全国対応・完全地元密着型の総合探偵社グループ
おすすめ
  • 全国対応
  • 10拠点以上
  • 24時間対応
  • 匿名可
対応体制
  • 女性相談員在籍
  • 男性相談員在籍
  • 24時間お問い合わせ可
  • 出張相談可

お電話で無料相談

050-5829-1911
LINEでのお問い合わせ

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧