探偵の仕事
276view

探偵はストーカー?尾行や監視が違法行為にならない理由

探偵はストーカー?尾行や監視が違法行為にならない理由

探偵の仕事は一歩間違えるとストーカーを言われてもおかしくありません。張り込みや尾行など、それらの業務を街中で見かけたら、通行人でさえ不振に思う可能性も否定できないのです。けれど、同じような行為だとしても、ストーカーと探偵には明確な違いが存在します。

素朴な疑問!探偵ってストーカーじゃないの?

探偵の行為はストーカー規制法には引っ掛かりません。探偵の仕事は“調べること”ですが、有名な仕事といえば浮気調査や身辺調査です。これらの仕事の中でターゲット(調査対象者)の後を尾行したり、住居や職場付近で張り込み監視をしたりします。
こうした姿は傍から見れば、
“完全なストーカー行為”
だといえるでしょう。

傍から見たら…というだけではなく、事実尾行や張り込みはターゲットの行動をチェックしているのですから、“やっている事はストーカーと全く同じ”だったりします。もしターゲットが探偵の存在に気づき、なおかつ自分が探偵に調査されているという心当たりがない場合、探偵をストーカーだと思い込んで警察に通報されてしまうわけです。

ところがこれが事件となって、探偵が検挙されるかというとそうではありません。もちろん通報があった時点で、警察官が現場に駆けつけ、探偵は職務質問を受けたり、最悪の場合は逮捕されてしまう事も実際にあります。しかし事件として立件されてしまうケースは滅多にありません。

それにはちゃんと理由があります。それはストーカー行為を取り締まる<ストーカー規制法>と、探偵の仕事内容を決めた<探偵業法>の関係性にあります。その辺りの事情を紹介しましょう。

やっている事は同じ?でも探偵がストーカーにならない理由

探偵のやっている張込みや尾行がストーカー行為にならないのは、目的が違うからです。探偵の行為を正当化(?)しているのは、

  • ストーカー規制法
  • 探偵業法

のふたつです。

ストーカー規制法は、ストーカー行為とはどんな行為なのか?を具体的に定義し、ストーカー行為をした場合の刑罰を定めた法律になります。一方、探偵業法は探偵とはどんな仕事なのかを定めるのと同時に、開業方法などを示した法律です。この二つの法律を照らし合わせると、探偵の張込みや尾行は
“ストーカーとやっている事は同じでも、違法にならない”
ということになります。

それが“仕事”なら問題ない?探偵がストーカーではない理由とは

張込みや尾行は“仕事”として行っているのであれば、ストーカー規制法には引っ掛かりません。ストーカーというのは、ストーカー規制法では
“特定の相手に対して、しつこくつきまとう行為をする人物”
と規定されます。

具体的には、

  • 住居や勤め先の付近に出没して監視する
  • 後を尾ける
  • 電話やメール、あるいはFAXを使って、常識を超えた回数で連絡してくる
  • SNSでしつこく絡んでくる

などで、要は望んでいない個人に対して、プライベートの関わりを持とうと一方的に絡んでくる相手をストーカーというわけです。

これを見ると、探偵が行っている張込みや尾行は、明らかにストーカー行為でしょう。しかしストーカー規制法には、ストーカー行為をするにあたって、その動機が
“特定の者に対する恋愛感情、その他の好意の感情又は、それが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的(第2条)”
となっています。

個人的な感情面が働かなければ、ストーカーになりません

つまり特定の人物に対して恋愛感情や好意を持ったこと、あるいはそれが拒否された恨みがきっかけでストーカー行為をした場合に、はじめて“ストーカー”と認定されるわけです。
ところが探偵はターゲット(調査対象者)に対して、恋愛感情も好意も恨みもありません。

探偵はあくまで“仕事”で、張込みや尾行を行っているため、ストーカーとは本質的に違うわけです。だから探偵の張込みや尾行は合法であり、ストーカー規制法には引っ掛かりません。

調べるのが仕事の探偵は、”張込み”も”尾行”も合法?

探偵は調査業務の一環として、ターゲットに対して張り込みや尾行をすることが、一応合法とされています。というのも探偵業法に
“「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって、当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み・尾行・張込み、その他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。(第2条:「探偵の定義」)”
と書いてあるからです。

探偵業のあり方を定めた探偵業法自体に、
“張込みや尾行をして調査するのが探偵”
と決められているわけですから、ちょうさの一環としてターゲットを張込んだり、尾行したりすることは合法と言えます。

そんなわけで、プロの探偵が仕事としてターゲットを張込んだり、尾行したりするのは合法なのですが、逆に言えば探偵でない人が張込みや尾行を行うと違法行為になってしまうわけです。
ネットでは探偵の調査費が高いので、自分でターゲットを張込み&尾行をしてみようという情報もあります。

しかし探偵でない一般人が、特定の人物に対して張込みや尾行をしたら、失敗する確率が高い上に、もし相手が気づいたら、ストーカー行為だとして、警察に検挙されてしまう危険があるわけです。まぁ、初めての行為であれば、いきなり逮捕されてしまう可能性は低いと思われますが、最寄の交番や警察署にまで呼び出され<警告>を受けるでしょう。

張込みも尾行も合法。とはいえ、通報されれば捕まる?

プロの探偵であれば、張込みや尾行をターゲットに気付かれること自体がありません。張込みにしろ尾行にしろ、探偵が調査として行う場合、もっとも肝心なのは、
“ターゲットに気付かれないこと”
です。

ターゲットに張込みや尾行を気付かれた時点で、調査は失敗だといえます。ターゲットは警戒して、行動を開始しなかったり、尾行をまこうとするでしょう。ターゲットを見失うくらいならまだマシですが、最悪の場合はストーカーと勘違いされて、警察に通報されてしまう危険もあるわけです。

また張込みの場合だと、注意しなければならないのはターゲットだけではありません。ご近所の“善意の第三者”が、何時間も同じ場所に張込んでいる探偵を不審者だと思い込み、同じように警察に通報する可能性もあります。まさか首から
“探偵です。調査してます”
という看板を下げて歩くわけにもいきませんので、張込みや尾行中の探偵は、常にターゲットや無関係の第三者から不審者だと思われ、警察を呼ばれる危険と隣り合わせだと言えるでしょう。

警察からの職質…探偵は想定済みで調査を行っています

もっとも普通、探偵はこうした事態の発生も想定済みです。ターゲットや第三者の通報によって、警察官が現れた場合、探偵は素早く名刺などを提示して身分を示し、仕事で張込み(または尾行)中であることを説明します。警察官は示された身分証明書から、身分照会を行い、本物の探偵であることが判れば、
「苦情が来てるから気をつけてね」
と言って帰っていくでしょう。

この時、誰をどういう目的で調査しているかといった、具体的な仕事内容まで警察官に教える必要はありません。それを聞いてくる警官もいるかもしれませんが、
「職務上の守秘義務がありますので」
と突っぱねることは可能です。警察官の機嫌が悪いとか、探偵が無意味に相手を挑発するような態度を取らなければ、その場で身柄を拘束されることはありません。

ただし通報した相手がターゲットでも、たまたま気付いた第三者だったとしても、警察が介入してくるような事態になってしまった時点で、その日の調査は終了です。後日調査員を変えるなどの対応をして調査を再開する必要があるでしょう。つまりその日に掛かった調査経費は、ほぼ全て無駄になるわけです。そういう意味でも探偵の調査で重要なのは、“気付かれないこと”といえます。

探偵でも「ストーカー規制法」で捕まることはある?

基本的に探偵が仕事をしていて、それがストーカー規制法に引っ掛かることはありませんが例外があります。それは
“依頼人がストーカーだった場合”
です。

この場合は事実が発覚した時点で、調査に関わった探偵は警察に処分されてしまいます。実際に依頼人がストーカーで、依頼のあったターゲットの身辺を張込んでいた探偵が書類送検された…という事件が起きています。<書類送検>ですので、逮捕ではなく、所轄の警察署に呼び出されて取調べを受ける<在宅捜査>で、身柄が拘束されたわけではありません。

しかし刑事事件として立件されてしまったわけです。ヘタをすれば探偵業法に基づいて廃業に追い込まれる可能性もあります。

現実に起きている! 探偵がストーカーに手を貸した事件とは…

ちょっと厳しいような気もしますが、探偵がストーカーに手を貸すことに厳しいのは、2014年に発生した『逗子ストーカー殺人事件』が原因です。
この事件は元交際相手の男性が、別れた女性にストーカー行為を繰り返した挙句、姿を隠した女性の居場所を突き止め、結局女性を殺して自分も自殺してしまったという、なんともショッキングな事件でした。

ところが事件の全容を調べていくうち、犯人の男が行方をくらました女性の居場所を探すのに、探偵を雇っていたこと、そしてその探偵が女性の居場所を掴むのに、身分を騙って不正な方法で情報を取得していたことなどが判明したのです。
この事件は犯人に、結婚して変わった新しい女性の苗字を漏らしてしまったのは警察だったという不祥事もあったのですが、そうしたミスを誤魔化すため、ストーカーの仕事を安直に請け負った探偵と、その不正なやり口を非難の矢面に立たせた感じは否めません。

とはいえこの事件以降、依頼人がストーカーだった場合、請け負った探偵も“共犯”とされてしまうようになりました。だから身辺調査や素行調査を依頼する場合、探偵は依頼人がストーカーではないか?とナーバスになっています。

まとめ~探偵の仕事とストーカー行為は紙一重?~

探偵の張込みや尾行が合法なのは、目的が“仕事”だからです。特定の人物に対して後を尾けたり、張込んで監視したりする行為は、ストーカー行為と変わりません。ただ大きな違いはその行為をする目的です。ストーカーは個人的な感情で相手につきまとい、その行動の目的は相手に振り向いてもらうことですが、それが叶うことはまずありません。

だからストーカー行為はますますエスカレートして、最悪は殺人や傷害という、重大な刑事事件にまで発展する危険性をはらんでいます。それに対して探偵は依頼人からの依頼をうけて、ターゲットを調査しているわけです。ターゲットに対して、特に個人的な感情はありません。そして調査期間が終われば、探偵はスッパリと撤収して二度とターゲットに近づくこともないでしょう。

つまり探偵がターゲットに対して“ストーカー行為”をするのは仕事であり、その期間は極めて限定的なのです。だからこそ探偵のやっている事は、ストーカーと同じなのですが合法とされています。
もっとも一番いいのは、探偵がターゲットや第三者に見つかることなく、密かに調査を終わらせることでしょう。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧