探偵の基本知識
  • 調査技術
939view

ストーカーが探偵を雇うケースもある!?ストーカーからの人探しの依頼を探偵は調査する?

ストーカーが探偵を雇うケースもある!?ストーカーからの人探しの依頼を探偵は調査する?

ストーカー行為がエスカレートすると暴行や強制わいせつ、さらには殺人などの凶悪事件に発展する可能性があります。少しでも不安があれば早めに対策したいもの。そこで頼りになるのが探偵です。

しかし、探偵の調査は物陰から相手をこっそり監視したり、尾行したりするので「その行為もストーカーと変わらないのでは?」「そもそもストーカーが探偵を雇うこともあるのでは?」と思う人がいるかも知れません。

そこでこのページでは探偵のストーカー調査内容やその手法に違法性はないのかという点と、探偵によるストーカー対策や料金についてご説明します。

まず始めにストーカー行為とは?

同じ人に対して「つきまとい行為」を繰り返す状態をストーカー行為と言います。

こちらをするとストーカー規制法で刑事事件として取り扱う事が可能になります。

つきまとい行為の詳細について知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

ストーカー行為を自分で防ぐ対策

ストーカー行為は本当に迷惑です。自分でできる対策としては、次のものがあります。

  • 夜間のひとり歩きは避ける
  • 防犯ブザーを携帯する
  • 暗い道などは徒歩ではなくタクシーを利用する
  • 部屋には厚手のカーテンをすき間なく閉める
  • 電話やメールは履歴や内容を残しておく
  • 電話番号やメールアドレス、SNSのアカウントを変える
  • 相手にキッパリと断る
  • 証拠(送付物や送付内容、日時、音声データなど)を残して警察に相談する

ストーカー行為は犯罪なので、相談すれば警察が動いてくれます。ひとりで悩まずに相談することが大切です。

ストーカーに対して警察が動けない場合

ただ、状況によっては警察がすぐに動いてくれない場合があります。

例えば「誰かにつきまとわれている気がする」「夜間に何度も無言電話がかかってくる」という場合は相手が誰なのかわかりません。恋愛関係のもつれなどが原因なら相手を予測できますが、まったく見ず知らずの人にストーカー行為をされる場合は恐怖を感じますね。

しかし、その段階で警察に相談しても、なかなか本腰を入れて捜査をしてもらえません。警察は常に多くの事案を抱えていて、緊急度や重要度が高いものから着手していきます。そのため「〇〇の気がする」という程度では、すぐに動けないのです。

探偵はストーカーの人捜しの依頼がきたらどうするの?

探偵は人捜しや特定の人の行動を監視して情報を集めるプロですが、ストーカーの人捜しの依頼を受けた場合は断ります。

そもそも探偵事務所は困っている依頼者を助けるために、普通の人ではできない尾行や張り込みを行って所在や不貞などを突き止めるのが仕事ですから、罪を犯す可能性のあるストーカーの手助けとなる調査を受けることはないのです。

探偵がストーカーの依頼を引き受けない理由

探偵事務所の仕事は、家出をしてしまった人を探したり浮気を調査したりするなど、人の所在やどういった行動をしているのかという情報を集めることです。

そのため、仕事内容は尾行や張り込みや周辺への聞き込みをするので、ある意味ストーカーと同じような行動をしますが、ストーカーの人捜しの依頼を受けることはありません。

探偵業に関する法律では、調査対象者の権利や利益を侵害したり、平穏を害したりする行為は禁止されているので、特定の人の生活をおびやかすストーカーの依頼を受けるのは法律に反することになります。

しかし、過去にはストーカーが探偵事務所に依頼して被害女性の所在や行動を把握することで、ストーカー事件が起こったという事例があります。

中には殺人事件にまで発展してしまったケースもあります。

これは探偵事務所がストーカーだと見抜けなかったことによって依頼を受けてしまったのですが、このような事件を起こさないために探偵事務所では怪しいものや安易な依頼を引き受けないようにしているのです。

探偵がストーカーからの依頼を引き受けないためにしてること

探偵は依頼内容を詳しくチェックする

探偵は、住所や所在の特定や行動の監視の依頼が合った場合、なぜ特定や監視が必要なのか、依頼内容を詳しくチェックします。

依頼主と対象者の関係性や依頼の必要性をしっかりと確認し、相応の理由が無い場合は上手に依頼を断ります。

例え関係性をごまかしても、必要性を熱弁しても、何らかの矛盾点や不審な点がないか細かいところまで確認することでストーカーの依頼を未然に防ぎます。

長年の経験と勘でストーカーを見抜く

探偵の仕事は刑事と似ていて、経験と勘という資質を持っています。

経験も勘も不確かなものですが、探偵ならではの嗅覚でストーカーを見抜きます。

どんなに説得力のある依頼理由であっても、ストーカーは普通の人にはない考え方を持っているので、会話のずれなどが生じることも少なくありません。

こういった些細なほころびに対し、探偵は独自の経験や勘を働かせてストーカーを見抜きます。

探偵にストーカー対策を依頼するのは可能?

探偵はストーカーの依頼は受けませんが、ストーカー対策を依頼することは可能です。

ここでは、探偵にストーカー対策を依頼する必要性をご紹介します。

警察はすぐに動いてくれません

今はストーカー規制法が整備されていますが、実際に機能するのは刑事事件になったときだけです。

先程も説明をしましたがつきまとわれたり無言電話があったりするだけでは、警察は動いてくれません。

実害を受けていないので、ストーカーの正体を突き止めることもしませんし、実害を事前に防ぐこともしてくれません。

つまり、ストーカー規制法が施行されていても、事件を未然に防いでくれるわけではないため、自分で対策を行う必要があるのです。

探偵にストーカー対策を依頼するメリット

探偵にストーカー対策を依頼すると、ただストーカーの正体を突き止められるだけではなく、ストーカー行為の証拠を集めることができます。

警察は民事不介入の原則があるため、ストーカー行為が行われているとしても、それが被害者の意見だけでは動けません。

しかし、客観的につきまといなど実害を受けている証拠があれば介入できます。

つまり探偵に調査を依頼することで、警察に動いてもらえる証拠を手に入れられるメリットがあるのです。

ストーカー対策は第三者に頼るのが安全

ストーカーをされている証拠なら自分で集められる、と思う方もいるかもしれません。

ですが、ストーカーが犯罪行為だと認識している場合、証拠集めをするのはとても危険です。

ストーカーからすると、行為を邪魔される要因は排除しなくてはいけないので、証拠を集めていると感じたら、自制するどころかさらに強行な手段を取る可能性があります。

尾行や調査のプロである探偵なら、ストーカーに気づかれず証拠を集められるので、危険を回避するためにもストーカー対策は第三者に頼るのがベストなのです。

つきまとい行為やストーカー行為の対策に探偵を雇う場合の料金

証拠がないとか警察がすぐには動いてくれないという場合は、探偵に相談してみましょう。もちろん費用はかかりますが、相手にバレないよう調査してくれます。その場合の料金についてご説明します。

探偵の調査料金は一般的に次の要素で決まると言われています。

  • 探偵1人当たりの時間給(1人15,000円/時間など)
  • 調査にかかる日数(または時間数)
  • 調査する探偵の数
  • 必要な機材(カメラや盗聴器発見機など)の費用
  • 必要な車両(専用車両、タクシー代や公共交通機関など)の費用
  • 宿泊費

ストーカーやつきまといなど相手の行為によって調査内容は違ってきますし、相手が誰かわかっている場合とまったく心当たりがない場合でも調査にかかる手間や日数が異なります。そのため、「ストーカー調査は〇〇万円」と一概には言えません。

探偵のストーカー調査料金例

例えば、次のようなケースで計算してみましょう。

  • 探偵1人当たりの時間給……15,000円
  • 調査にかかる日数(または時間数)……5時間×3日間
  • 調査する探偵の数……2人
  • 必要な機材(カメラや盗聴器発見機など)の費用……1万円
  • 必要な車両費(専用車両)やタクシー代や公共交通機関などの交通費……合計2万円
  • 宿泊費……なし

上記を元に計算すると
{(15,000円×15時間)×2人}+1万円(機材代金)+2万円(車両・交通費)=48万円
となります。

探偵に依頼する前に見積もりを取りましょう

探偵事務所によってはパック料金を設けているところがあり、「ストーカー調査 2日間で20万円」などを設定しています。

いくつかの業者で見積もりを出してもらいましょう。

ストーカーを撃退するには、早めに業者へ相談することが大切

探偵にストーカー調査を依頼する場合は、上記のように一定の費用がかかります。そのために業者選びに迷って、対策が後手後手になるケースが見られます。

ストーカー行為はエスカレートするので要注意

ストーカー行為は単なる気まぐれで起こるのではなく、明らかに「あなた」をターゲットにしています。

そのため、放置しているとどんどんエスカレートしていきます。特に被害に遭っているのに知らん顔をしていると、「この人は困っていないんだ。もっと困らせてやろう」とか「しめしめ、自分の存在に気づいていないようだ。次はどんなことをしようかな」などと思わせてしまいます。

早めに対策を取り、ストーカー行為がエスカレートするのを防ぐことが大切です。

ストーカー対策を知り合いに頼むのは”逆効果”

ストーカー対策を探偵に依頼すると費用がかかるため、知り合いに頼んで解決しようと思う人が多いようです。しかし、その場合は慎重に進めないと逆効果になってしまいます。例えばストーカー被害を受けているA子さんが知り合いのBさんに解決を依頼した場合、次のようなことが起こる可能性があります。

  • Bさんから注意を受けたストーカーが逆恨みをしてBさんに危害を与える
  • ストーカー側から「証拠があるのか!」「名誉棄損だ」と逆に訴えられる
  • 知人に依頼したことを知ったストーカーが腹を立ててA子さんに対するストーカー行為がさらに悪化する
  • BさんはA子さんのプライベートな問題を知ったことで、周囲に言いふらすようになる

また、Bさんとストーカーの関係が知り合いだった場合、その後の両者の人間関係が悪化する可能性があります。

知り合いに相談しても解決には至らない

ストーカー被害のことを知り合いなどの第三者に相談することはよくありますが、相談を受けた側はプロではないので調査が中途半端に終わりがちで確たる証拠を押さえることができません。

そして話し合いもうまくできないので、結果的にストーカー行為を止めさせることができず、解決には至らないというケースがよく見られます。

弁護士や警察に相談する場合も、探偵で証拠を押さえてもらおう

悪質なストーカー行為は、個人レベルではなかなか止めることができません。また、被害を拡大させないためにも弁護士や警察などに相談することが大切です。ただ、その場合は証拠が必要になります。そのためにも探偵に依頼して証拠を押さえてもらうようにしましょう。

探偵なら解決のアドバイスも可能

探偵の仕事は、ただ犯人捜しや証拠を押さえるだけではありません。解決のための道筋をアドバイスしてくれます。警察にはどのように申し出ればいいのか、弁護士に相談した方がいいかどうかなどを聞いてみましょう。

探偵はストーカーを逮捕できない

ただし、探偵は調査やアドバイスはできても、犯人を逮捕することはできません。とはいえ、それまでの証拠集めや警察の捜査に役立つような情報収集はしてくれるので、状況を詳しく説明して相談してみましょう。

ストーカーが探偵を雇う事もあるのまとめ

ストーカー行為とは尾行や待ち伏せ、無言電話、誹謗中傷などで名誉を傷つけるなどの行為を指します。ストーカー行為は犯罪であり、「ストーカー規制法」で被害者を守るように定められています。

高い検挙率を誇る日本の警察であっても未解決の事件があるように、残念ながら、探偵でもストーカーの依頼を100%完璧に見抜くことは出来ません。
ですので、ストーカーの被害を防ぐには自分のアクションが重要です。

少しでもストーカー行為を感じたら、ストーカーがより詳細な情報を集める前に正体を暴き、警察に助けを求めることが被害を未然に防ぐポイントになります。

探偵事務所に依頼して正体を突き止め。ストーカー行為の証拠を集めれば警察を動かすことも可能なので、手遅れになる前に探偵事務所に相談しましょう。

費用よりも、安全で確実な対策を

ストーカーの調査を探偵に依頼すると費用がかかります。そのため、知り合いなどに頼むケースがありますが、その結果さらにストーカーを怒らせて被害が悪化する場合があります。

自分たちで調査をする場合は慎重に進めることが大切です。また、弁護士や警察に相談するには証拠があると話がスムーズに進められます。そういった証拠を押さえるためにも探偵に相談するのが早道だと言えます。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧