アナタも探偵になれる?
  • 費用・コスト
1795view

探偵に車のナンバープレート調査依頼は可能?料金(費用)相場や調査内容も紹介

探偵に車のナンバープレート調査依頼は可能?料金(費用)相場や調査内容も紹介

「夫が浮気相手の車に乗って旅行に行ったことがわかったので、車のナンバーから持ち主を探し出したい」「毎日同じ時間に、うちの前に停まっている車があるので、心配だから車のナンバーから素性を調べてほしい」といった時は、探偵にナンバープレート調査を依頼するのが最適と言われています。

そこで当記事では探偵への車のナンバープレート調査の依頼はどこまでが可能(合法)か紹介するとともに、料金費用の相場や具体的な調査の内容を紹介していきます。

探偵は車のナンバープレートから住所や身元を調べることは可能?

探偵_車のナンバープレート_調査は可能?

結論から言ってしまうと、探偵は車のナンバープレートから住所や身元を調査することは不可能です。

テレビドラマに出てくる探偵を見ていると、「普通では頼めないようなことも、探偵ならやってくれる」と思ってしまいがちですが、実際の探偵はそうではありません。

探偵は「探偵業法」で認められた業務のみを行うことができる

探偵には「探偵業法」という法律があり、その法律で認められた業務のみを行うことができます。

「車のナンバープレートから身元を調べる」といった行為は、個人情報に関わることなので、探偵業法では認められていないため依頼することができないのです。

正確に言うと車のナンバーそのものは個人情報にはあたらないのですが、車のナンバーの持ち主が誰かといったデータは個人情報にあたるので、調べることができないという訳です。

探偵に依頼できるのは、「聞き込み」「尾行」「張り込み」の3つ

探偵業法で認められている探偵の業務は、「聞き込み」「尾行」「張り込み」の3つです。たとえば結婚したいと思っている人がいたときに、探偵がその人の家の前で張り込み、家から出てきたら尾行するといった行為は、探偵の業務として認められています。

ご近所の方に「〇〇さんはどんな方ですか?」と聞き込みをすることも、探偵業務として認められています。

また、夫の浮気現場をキャッチするために、探偵が夫の会社の前で張り込み、夫が出てきたら尾行して浮気の証拠をつかむといったこともできます。

しかし車のナンバープレートから個人の名前や住所を調べるという行為は、浮気調査よりよっぽど簡単そうに思えますが法律的に探偵にとってはNG行為です。

探偵が車のナンバープレート調査から分かる事は?

車の尾行調査などを行って、住所や氏名を調査できる

車のナンバープレートから個人情報を調べることはできなくても、探偵に依頼することで持ち主が誰かを探る方法はあります。それは、探偵が最も得意とする聞き込み・張り込み・尾行調査によって調べる方法です。

たとえば「家の前に知らない車が停まっている」というような場合、その車が停まっていた日に探偵に連絡して尾行してもらうことで、持ち主が誰かを特定することができます。

また、「夫が浮気相手と毎週ドライブに行っているようだ」という場合は、二人が会う日に探偵に尾行調査を依頼すればそこから浮気相手の住所や氏名を特定できる可能性もあります。

探偵に車の尾行調査を依頼したときの料金(費用)相場は?

探偵_車のナンバープレート_調査_料金費用相場

尾行調査の全体的な料金は調査の内容や探偵事務所の料金設定によってもまちまちですが、一般的に10万円~50万円ほどです。

すぐに解決できるような調査は10万円程度で済みますが、何日もかけて尾行しなければならなかったり尾行が空振りに終わって難航するような場合は、50万円以上かかることもあるでしょう。

車の尾行調査にはガソリン代や高速代などの諸経費がかかる

車による尾行調査の場合はガソリン代や高速代などの諸経費がかかるので、それが意外と重くのしかかるケースもあります。

遠方への車両尾行を何回か行った場合は、宿泊費などもかさみ、探偵の人数によっては50万円を大幅に上回るケースもあります。

調査に時間がかかる場合はパック料金がお得になることも

調査に時間がかかりそうな場合には、「1時間いくら」といった時間制プランを選ぶよりも、「諸経費まとめてコミコミでいくら」という料金設定になったパック料金プランを選んだ方が、結果的にお得になることもあります。

パック料金プランはもともと通常の料金プランより高めに設定されているのですが、高速代やガソリン代・宿泊費は意外とバカにならないので、最初から諸経費込みというのは魅力でもあります。

悪徳探偵事務所には要注意!探偵広場で検索すれば安心

ただし、悪徳探偵事務所にパック料金プランを勧められて契約すると、ろくに調査もせずに「尾行が成功しませんでした」と言われて終わってしまうケースもあるので、注意が必要です。

探偵事務所を選ぶときは探偵業法に則ったきちんとした事務所を選ぶことが大切です。「探偵広場」というサイトに掲載されている探偵事務所は、どこも探偵業法に則った信頼できる探偵事務所ばかりなので、探すときにはぜひ利用してください。

トップページにある検索機能を使って、お住いの近く(あるいは調査する地域の近く)にある探偵事務所を検索しましょう。

心配なら1社だけでなく2~3社から見積もりをとって、比較検討して選ぶことをお勧めします。

警察なら車のナンバープレートから身元や住所を特定可能

警察は車のナンバーから所有者を簡単に割り出すことができます。

ただし、警察は事件を解決するためにあるので「浮気相手の車のナンバーから住所・氏名を知りたい」と言っても当然ながらやってもらうことはできません。

事件に関することであればナンバー検索をしてもらえる場合もある

たとえば「車に乗っていて当て逃げをされてしまい、ナンバーを控えてあったので調べてほしい」ということであれば、現場検証を行うと共にナンバーの調査を行ってもらえる場合もあります。

警察にはナンバー検索システムがあるので、所有者を特定するのは簡単なことです。ただしその情報は警察が把握することはあっても、個人に簡単に教えることはありません。

また、車のナンバーという情報のみでは当て逃げがあったかどうかは判断できないので、ドライブレコーダーに画像が残っているといった証拠も必要です。

探偵は放置車両なら車のナンバーから所有者を調べられる

探偵_車のナンバープレート_調査_放置車両なら探偵で調査可能

基本的に第三者は車のナンバーから所有者を調べることができませんが、「放置車両」に関してだけは例外です。自分の土地に車を放置されてしまうと、土地の所有者は生活に支障をきたすので、何としてでも移動してもらわなければなりません。

その際、普通者は陸運支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会に必要書類を提出することで、車のナンバーから所有者や各種情報を調べることができます。

以前は放置車両以外も運輸支局で所有者を調べられた

実は以前は車のナンバープレート番号と車体番号がわかれば、運輸支局に「登録事項等証明書」を提出することで、第三者でも運輸支局で車のナンバーから所有者を調べることができました。

しかし、2007年に国土交通省から「登録事項証明書の交付請求方法の変更について」という通達が出たことで、それができなくなりました。自動車の窃盗や恐喝といった犯罪のために、この制度が悪用されることを危惧しての通達だったようです。

登録事項証明書を提出するには車のナンバープレート番号と車体番号の他に、本人確認書類が必要なので、第三者が車の所有者を知ることは実質的に不可能と言えます。

探偵の車のナンバープレート調査に関するまとめ

「浮気相手の車のナンバーから、住所・氏名を突き止めたい」「家の前によく停まっている車が気になる」といった理由で調査をしたいときは、探偵に仕事を頼みたいと思う人も多いでしょう。

その場合は先ほどもご紹介したように、まずは聞き込み・張り込み・尾行を使った調査方法を考える必要があります。

「探偵が車のナンバー自体から個人情報を調べることはできない」ということを念頭に置いた上で、上手に探偵を活用すると良いでしょう。

「探偵に調査をお願いしたいけれど、どうしたら良いのかわからない」という人は、まず探偵広場というサイトから探偵事務所に無料相談してみるのもひとつの方法です。

評判の良い探偵社はこちら

総合探偵社シークレットジャパン

全国の支社が地元密着できめ細かな調査! 依頼者の「ありがとう」を究めるプロ集団
総合探偵社シークレットジャパン
特徴
  • 全国対応・完全地元密着型の総合探偵社グループ
おすすめ
  • 全国対応
  • 10拠点以上
  • 24時間対応
対応体制
  • 女性相談員在籍
  • 男性相談員在籍
  • 24時間お問い合わせ可
  • 出張相談可

評判の良い探偵社はこちら

総合探偵調査 さくら探偵事務所 富山支社

総合探偵調査 さくら探偵事務所 富山支社
特徴
  • 富山・北陸の地域事情にも精通した高度な調査力
おすすめ
  • 全国対応
  • 10拠点以上
  • 24時間対応
  • 匿名可
対応体制
  • 女性相談員在籍
  • 男性相談員在籍
  • 24時間お問い合わせ可
  • 出張相談可

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧