良い探偵の探し方
  • 浮気・不倫調査
394view

浮気調査を探偵に依頼する前に自分で出来る“浮気の下調べ”

浮気調査を探偵に依頼する前に自分で出来る“浮気の下調べ”

パートナーに浮気の疑いが持ち上がったら、すぐにでも調査を依頼して証拠をつかみたくなるものですが、ちょっと待って。自分なりに下調べして情報をある程度収集すると、調査費用など掛かるコストを数段抑えられる可能性があります。

浮気の兆候を発見しても、探偵事務所に駆け込む前にすることがある!

パートナーの浮気の兆候を発見したからといって、すぐに探偵を雇うのは早計です。パートナーが浮気をしているらしいという疑いを持った場合、すぐに浮気と決めつけて探偵を雇う前にまず落ち着きましょう。そしてまずホントに浮気をしている場合、どうするかを考えましょう。

「パートナーが浮気したらどうする?」を考えよう

パートナーが浮気をしていたとしたら、

  1. 速攻別れる
  2. 離婚してたっぷり慰謝料をふんだくる

などなど色々な対処法があります。

まだ未婚の恋人同士ならサッサと別れた方がトク?

①はまだパートナーと正式に結婚しない状態であった場合に選択が可能でしょう。まだ法的にはパートナーと自分は独身者同士ですので、無理におつきあいを続けていく必要はないわけです。まだパートナーに未練があり、相手が土下座して謝るなどで許すのであれば、それはそれで構いません。パートナーの謝罪で許せるのであれば、わざわざ探偵を雇ってまで真実を明らかにする必要もないでしょう。

離婚するなら確実な証拠を掴んでおこう!

②はパートナーとすでに結婚している場合です。浮気は民法上、離婚の原因として主張できる“パートナーの落ち度”になります。パートナーの浮気を許せず、スッパリ別れてしまいたいのであれば、慰謝料や子供の親権など自分に有利な条件で離婚できるように、確実な証拠を握っておく必要があります。

このようにパートナーの浮気疑惑が発覚した場合、探偵を雇って“動かぬ証拠”を掴んでおくのは、既婚者および離婚を有利にしたい場合です。そうでないケースでも、自分自身が真実を明らかにしたいのであれば、探偵を雇うのは自由ですが、浮気調査というのは、結構な費用が掛かります。まずは冷静になってパートナーが浮気をした時、自分はどうしたいかを考えましょう。

探偵を雇う前に下調べをしよう!

実際に探偵を雇って浮気調査をしてもらう場合、事前に下調べをしておくとスムーズに事が運びます。パートナーが浮気をしているのではないかという疑惑が発覚した場合、そのまま探偵事務所に向かってもあまり効率は良くありません。ある程度パートナーが浮気をしている曜日や場所など、自分で調べられる範囲のことは事前に調べておきましょう。

自分自身で出来る浮気調査とは?

探偵の浮気調査を効率よくしてもらうため、自分で調べられることは調べておきます。具体的には

  • 浮気をしていそうな曜日や日を絞り込んでおく
  • パートナーの特徴や行動パターンをデータ化しておく

といったことです。

この程度のことであれば、自らパートナーを尾行しなくても、普段通りの生活の中でパートナーを観察し、不審な行動をチェックできます。そしていよいよ探偵に浮気調査を依頼する時、探偵もパートナーのデータを事前に知ることが出来ますので、効率のよい仕事が出来るわけです。

浮気をしている日時を事前に特定しておこう!

探偵を雇うということは、キャリアとスキルをもったプロに専任で仕事をしてもらうことです。拘束時間が長ければ、それだけ費用が掛かるのは当然でしょう。ですから
「パートナーが浮気をしてるっぽいんですけど、調べてください」
というアバウトな依頼をすると、探偵が調査対象者を調べるのに結構な期間を要してしまいます。

もともとお金持ちで、調査料金を気にせず浮気調査をしたいのであれば、それでも構いませんが、パートナーが浮気をしていない日に探偵が張り付いて尾行しても、時間とお金の無駄ですし、パートナーに探偵の存在を気づかれるリスクも高まるわけです。
だから探偵に調査を依頼する前から、“パートナーが浮気していそうな日”というのを絞り込んでおきましょう。

疑わしい日はありますか?

自分が普段通りの生活をする中で、パートナーの帰宅時間が木曜日だけ遅いとか、毎月中旬頃には必ず出張といって外泊するとか、他所で誰かと会っているのではないかと疑わしい曜日や日をチェックしておくわけです。
ただパートナーが毎月出張するのがホントに仕事だったり、帰宅時間が遅い日がバラバラで曜日が特定できないこともあり得ます。

浮気をしている日のパターンが容易に絞り込めない場合は、帰りが遅くなった日付を全てメモっておき、探偵に相談してみましょう。探偵はプロですので、何らかのパターンを見つけてくれるかもしれません。

パートナーの個人情報を集めておこう

探偵に浮気調査を依頼する時、調査対象者となるパートナーの個人情報はデータ化しておきます。パートナーの浮気を探偵に調査してもらう場合、探偵がまず必要とするのは、調査対象者の基本データです。本名や年齢、身長といった基本情報は当然ですが、勤め先の会社名や住所、行きつけの飲み屋などパートナーの行動範囲や立ち回り先も重要なデータになります。

調査対象者の顔写真はとても重要素材です

またそうしたテキストデータだけではなく、浮気調査を依頼する場合、“調査対象者の顔写真”は大変重要です。

できれば調査対象者の顔がハッキリとわかる正面から撮ったモノ、それと共に横からや左斜め前から撮影したモノ、そして普段来ているスーツ姿や、周りの景色から身長が推定できる全身の写真があると探偵に喜ばれるでしょう。
探偵は浮気調査をする際、一人では行動しません。

まともな探偵社であれば、調査対象者に気づかれない様、また調査対象者に気づかれても大丈夫なように、複数の調査員を現場に投入します。スムーズな調査をするには調査対象者の容姿の情報を、調査員全員が共有する必要があります。したがって予め判りやすい写真があった方が探偵としては助かるわけです。

車の写真や情報も尾行には大事な情報

さらに調査対象者本人の写真だけではなく、本人が普段乗っている車があった場合、その画像も撮影しておきましょう。車のナンバープレートがハッキリ写っているモノだけでなく、真横からの写真やステッカーなど特徴のある部分もちゃんと撮っておけば、これまた探偵に喜ばれます。

また調査対象者であるパートナーの性格や癖なども、調査を依頼する際に探偵に伝えられるようにしておきましょう。点滅を始めた青信号でも走って渡っちゃうようなせっかちな性格なのか、決して慌てず信号が点滅を始めたらすぐに止まって、次の青信号になるまで待つタイプなのか、事前にわかっていれば、尾行する時相手のペースに合わせやすく、気づかれにくいわけです。

そうした“パートナー情報”は、自分が相手を尾行する気になって考えると、他にも見つかるかもしれません。探偵が尾行を成功させるために、必要な情報は何かを考えて、実際に依頼する前に整理しておきましょう。

まとめ~探偵事務所に足を運ぶ前にできるだけ下調べをしておく!~

パートナーに浮気疑惑が持ち上がったら、まず冷静に対処方法を考え、必要であれば浮気の証拠を掴むために探偵を雇います。ただいきなり探偵事務所に駆け込むのではなく、事前にパートナーの行動パターンを調べて“浮気しそうな日”を下調べしておくと、短期間で結果が出るはずです。

また探偵が調査しやすいよう、パートナーの個人情報を整理しておくと探偵に喜ばれます。探偵も商売ですから、何も用意してなくても文句は言いませんが、調査対象者の容姿や性格など基本情報は必ず聞いてきます。その場合口で説明するだけでなく、画像データで提供出来るモノは、予め用意しておくとすぐに調査にかかれるわけです。

そうした下調べをしておくと、探偵は調査費を負けてくれる…ということはないかもしれませんが、用意したデータが正確であるほど効率よく調査ができます。そうすれば結果的に短期間で結果が出ますので、何もかも探偵任せにするより調査費用もずっと安く上がることは間違いありません。

都道府県から探偵を探す