探偵のテクニックとは?!
  • 調査技術
1512view

車での尾行も探偵の重要な仕事!浮気調査は車での移動が中心

車での尾行も探偵の重要な仕事!浮気調査は車での移動が中心

探偵が行なう調査の中でも車両尾行はターゲットの行動範囲が広がることから、尾行を継続する上で重要なポジションにあります。探偵が車を使用して尾行を行なうときには、どんな車でどんな尾行テクニックが行なわれているのでしょうか。

現代の尾行は、車使用のケースがメイン

浮気調査にしろ素性調査にしろ、徒歩だけで尾行調査を行うことはあまりありません。首都圏クラスの都市部であれば、公共交通機関だけでかなり広範囲の移動が可能です。しかし多くの場合、ターゲット(調査対象者)は目的地までの移動に自分の車やタクシーを使うことが少なくありません。

それを尾行する探偵も尾行用の車両を用意して、車で尾行します。尾行調査するうえでの車使用は、ターゲットの車移動を追うときには当然必要ですが、尾行を始める前にターゲットを待つ待機場所に使うとか、二人以上で尾行を行う場合にサポート役の調査員の待機や移動に使うなど、尾行を成功させるために役立つアイテムと言えるでしょう。現代の探偵にとって、車は不可欠なモノなのです。

車を使った尾行でチェックするべき点とは?

車での尾行は、徒歩尾行とは違ったチェックポイントがあります。最大の注意点は“ターゲットに尾行を気づかれないこと”であり、この点は徒歩尾行と同じです。しかしターゲットに尾行を感づかれないために気遣う点や、求められるスキルは変わってきます。具体的には、

  • 車種の選定
  • 運転テクニック

などです。

ケース・バイ・ケース?探偵が使う尾行用車両とは?

探偵が尾行につかう車は、目立たないバンが多くなっています。徒歩での尾行と大きく違うのは、
“クルマは変装できない”
ということです。

探偵は徒歩での尾行の場合、ターゲットに感づかれるのを防ぐため、何種類もの着替えや変装用のメガネを用意しています。たかが着替えと思われがちですが服を着替えたり、メガネを変えるだけで、周りに与える印象は相当変わり、効果は絶大です。しかし車はそう簡単に変装できません。

存在を風景に紛らわせる車の色は「白」「グレー」「シルバー」

ステッカーを貼る……などの手もありますが、ターゲットが車にステッカー貼ってあるかどうか気づくほど、尾行している車の存在に敏感になってしまったら、その尾行は失敗です。ターゲットに尾行車輌の存在を気づかせないことが重要なのです。
だから通常、尾行用の車両として探偵が使っているのは、自家用でも営業車とも判断できるようなワンボックスカーやミニバン、あるいはセダンといった車種になります。

車の色も当然、目立たない「白」や「グレー」、そして「シルバー」です。車体色の「白」は、営業車を中心に国内で“車の好きな色ランキング”トップであり、そこかしこで町中を走り回っています。また「グレー」や「シルバー」も“よくある車体色”の上位にくる色ですが、それ以外にもグレーやシルバーは、夜走っていると街中のネオンや照明を反射して、“オレンジ”や“ブルー”など他の色に見えてしまうこともあり、思わぬ変装効果があることから、「グレー」や「シルバー」を選ぶ探偵がいます。

探偵に不人気な車カラーは「黒」。理由は?

ちなみに「白」と並んで街中を走っている車で多い車体色には「黒」もありますが、尾行用車両に「黒」を選択する探偵はあまりいません。黒色の車というのは、“威圧感がある”と言われています。これは言い方を変えれば、その存在を気づかれやすいということです。“ありふれた車体色”であるということと、“目立たない車体色”というのは別モノだということでしょう。

全部所有しているわけではない?探偵の車両調達方法

ターゲットの尾行を続ける中で、場合によってはベンツやBMWといった高級車で尾行を行うことも珍しくはありません。たとえばターゲットがホントに浮気をしており、浮気する場所が高級ホテルだったりすると、街中では目立たないワンボックスカーやミニバンですが、そんな車でホテルの正面玄関に横付けなどしたら、かえって浮いてしまうわけです。

尾行車輌はフィールドに合わせて調達するのが探偵流

ですから状況によって、探偵は尾行するフィールドに合った車を用意することもあります。ただ高級車の場合、探偵事務所が普段から尾行用に所有するようなことはあまりありません。そんな大金持ちの探偵事務所は滅多になく、通常探偵事務所で自己所有しているのは、ワンボックスカーやミニバンクラスの車とバイクを1台ずつ、もしくは2台程度でしょう。

しかし尾行の目的地が高級ホテルだったり、尾行を悟らせないために高級車を用意する必要がある時は、状況に合わせて車を用意します。具体的な方法としてはレンタカーが一般的です。
「え?レンタカーだとナンバーでバレるのでは?」
と思う方もいるかもしれません。

確かにナンバーを気にして、レンタカーを敬遠し、知り合いから個人的に車を調達する探偵も実在するようです。ただ尾行の基本は“ターゲットに気づかれないこと”であり、
「ターゲットがナンバーに注意を向けるようであれば、その場合の尾行は失敗」
と割り切ってレンタカーを使う探偵も珍しくはないわけです。

高級車の調達は経費。依頼人支払いになる可能性あり

どちらにしても、尾行用車両の調達は“経費”になります。普段使っている会社所有の車両以外の車を用意するとなれば、そこに掛かる費用は依頼人持ちです。こういう事態が調査をする前から想定できるケースは稀ですので、探偵がいざ尾行調査に入る時、実際に掛かる経費を再度聞いておいたほうがいいでしょう。

また良心的な探偵であれば、新たな経費が発生する場合、必ず依頼人の了承を求めてきます。依頼人がNGを出せば、尾行用の車両を他で調達することはありませんが、場違いな車を使ったばっかりに、尾行が失敗する可能性も出てくるわけです。どういう選択をするかは依頼人の判断ですので、状況を探偵からよく聞いた上で決めましょう。

車両尾行は危険がいっぱい?高度な運転テクニックは探偵の必須技術!

車による尾行調査は、高度な運転技術が要求されます。徒歩での尾行と車を使った尾行の大きな違いは、
“車の尾行は道路交通法に縛られる”
という点です。

徒歩での尾行は、基本的に己の身体ひとつで尾行するわけですから、ターゲットとの距離や位置関係は、かなり自由に決められます。もちろん歩行者も信号は守らなければいけませんので、道交法の縛りが全くないとはいえません。しかし車に乗って尾行する場合の不自由さは、徒歩尾行の非ではないのです。

さらにいえば、車による尾行を行なう場合、時として道交法を無視して、“危険な運転”といわれることをしなくてはならない事も珍しくはありません。したがって探偵は、一般人に比べて高度な運転テクニックが必要になります。

車の走り出し、ターゲットのすぐ後ろは走りません

車を使った尾行は、ターゲットが自分の車に乗り込み、走り出したところから始まります。

といっても、ターゲットの車が走り出した直後に発進するといったドラマみたいなタイミングでは走り出しません。走り出した直後に、後をついて走り出した車をターゲットがバックミラーで見つけてしまったら、その時点で尾行だとバレてしまう危険があるからです。ターゲットの車が走り出して見えなくなった後、車を出してターゲットの車が見えるまでダッシュします。

ターゲットの尾行は、一台の一般車輌を挟んで行ないます

車で尾行する場合、ターゲットの真後ろには着きません。自分で車を運転している人なら解るとは思いますが、運転者というのは結構バックミラーを見ており、同じ車種の車がいつまでも自分の後を着いてくる状態にはすぐ気づきます。ターゲットに気づかれず後ろを着いていきたいところですが、自動車道はどこでも何車線もあるような道ばかりではありません。

むしろ片側2車線や3車線もあるような道は幹線道路だけで、多くの車道は1車線です。そんな状況でターゲットに気づかれにくいのは、
“ターゲットの車との間に関係ない車を挟む”
という方法が使われます。つまりターゲットの車から1、2台関係のない車を入れて、その後ろから尾行するわけです。

尾行を開始した時点では、ターゲットの車に追いつくまで、距離も時間も掛かりますので、ターゲットの車の後ろに関係のない車を入れるのは、それほど難しくありません。しかし尾行が進むうち、ターゲットの後ろについている車が皆ターゲットと同じ方向へ向かっているわけではありませんので、当然他の道へと逸れていってしまいます。そこで不自然さを感じさせることなく、他の車をターゲットの車との間に導かなければならず、地味ながもなかなか高度な運転技術が必要になるわけです。

信号切り替わりは、尾行車両の腕の見せどころ

派手な運転テクニックの見せ場があるとしたら、やはり信号でしょう。ターゲットの車は自分より2台とか3台とか先行しています、この状況でターゲットの車だけ先に進み、尾行をしている自分の車だけが信号に捕まってしまったら相手を見失う危険があるわけです。特にターゲットの車が直進ではなく、右折するときは大変です。

こうした状況に陥った場合、時に強引なダッシュで信号を渡りきってしまうには、やはりそれなりの運転テクニックが求められます。ただ信号に捕まりそうになった時、必ず強引な方法を使うとは限りません。無理な運転をして事故でも起こしたら最悪ですし、派手なドライビングをしたことで、ターゲットに尾行がバレる可能性もあるからです。

尾行ルートを把握しているときは、先回りや距離詰めが必須です

探偵が尾行しているエリアを知り尽くしているのであれば、信号のタイミングを先読みしてターゲットとの距離を詰めておくとか、先回りできる脇道を使うなどの方法でターゲットを見失わないようにします。また、ターゲットの車だけ信号を行ってしまった場合、無理をせずにそのまま留まり、信号が青になった後、ターゲットの車を見失ったら、潔くその日の尾行を諦めるという方法もアリです。尾行のツボは“ターゲットに気づかれないこと”ですから、無茶はしないにこしたことはありません。

ターゲットに気づかれた?相手の車の動きでわかるサイン!

車の尾行では、ターゲットの表情は読めません。徒歩の場合、ターゲットは振り返ったりカーブミラーなどを利用して後方を確認しますから、それらの行動から尾行されていることターゲットが気づいたと推し量れます。しかし車の場合はターゲットの細かい素振りが見えません。バックミラーを見る回数が増えるといった点から、ターゲットが尾行に気づいていることを予測出来ますが、それ以外にも

  • ウィンカーを出さず、急に曲がる
  • ふいに路上停止する
  • 2回以上同じ方向に曲がる

などといった行動は“尾行がバレた”というサインになります。

尾行バレ以外に、ターゲット自身の本来の行動の可能性も

ターゲットの車が行なうこれらの行動は、完全に尾行がバレたというより、ターゲット自身が自分が尾行されているかどうかを確認するためのモノです。ウィンカーも出さずに急に曲がるという行動は、ターゲットが尾行に気づいたわけではなく、ホントに目的地に向かうための無意識に行なった行動かもしれません。

ただターゲットの目的が何であっても、車で尾行する時はそのまま後を着いていくと、あっという間に尾行だとバレてしまいます。ですからターゲットが急に曲がったら、後は追わずにそのまま素通りして他の脇道などから入って、ターゲットの車を探します。ターゲットの車が突如車を路肩に寄せて止まってしまった場合も同様です。この場合も尾行を疑って止まったという可能性と同時に、ターゲットが浮気相手を車に乗せる為に停車した可能性もあります。

同じ方向に2回以上曲がれば、尾行に感づいているサイン

ターゲットが尾行に気づく、あるいは尾行を疑い始めたと思っていい行動は、同じ方向に2回以上曲がった場合でしょう。左折にしろ右折にしろ、2回以上曲がったら元来た方向に引き返すか、同じ場所をグルグル回っていることになります。まぁ、楽天的に考えればターゲットが忘れ物を思い出して引き返す…という事もあり得ますが、ターゲットの車がこんな行動をはじめた時は、尾行がバレそうになっている、もしくはバレたと思った方がいいでしょう。もちろんその時点で、その日の尾行は終了して撤収です。

まとめ~単独での尾行の成功率は高くない?~

車での尾行は、徒歩での尾行に比べて小回りが利きません。したがって単独でターゲットを尾行するには、高度な運転技術と先読みするための経験やカンが必要になってきます。そうしたスキルを身につけているからこそ、プロの探偵ともいえるのですが、実際の尾行を単独で行っている探偵の尾行成功率はそれほど高くはないと言えるでしょう。

複数名で数台の車輌による尾行がうまくいくコツ

ある程度の規模以上の探偵事務所であれば、尾行はチームを組んで複数名で行います。これは徒歩での尾行はもちろん、車を使った尾行も同じです。尾行用の車を2台以上用意している探偵事務所も少なくありませんが、効率的に尾行をするのに、自動車1台とサポート用のバイク1台という組合せもあります。

信号などに捕まってターゲットの車を見失った場合、あるいはターゲットの車が急な停止をしたり、脇道に入って素通りをせざるをえない状況に陥ってしまった場合などに、もっと後方を走っているサポート用のバイクがフォローするわけです。もっともバイクでの尾行は乗っているライダーの服装がターゲットから丸見えですので、あまり長時間の尾行を出来ません。尾行用の車がターゲットの尾行を再開できるように大まかな位置をスマホや携帯電話で伝えるのがメインの仕事になります。

このように探偵は、ターゲットにその存在を気づかせることなく、尾行をするわけですが、成功させるためには一般人以上の技術とスキルが必要なのです。

都道府県から探偵を探す