探偵FAQ
  • 浮気・不倫調査
940view

繰り返す浮気…男の心理と何をしても治らないときの対処方法

繰り返す浮気…男の心理と何をしても治らないときの対処方法

浮気を何度も繰り返す夫に頭を悩まされていませんか?「もうしない」と謝ったはずなのに、また繰り返し浮気してしまうその心理に理解できない人が多いと思います。なぜ夫は浮気を何度もするのか、その心理や改善・対処方法について詳しく解説します。

 

一度浮気した夫は繰り返しやすい理由

夫の浮気話は今に始まったことではありません。浮気は、昔から妻を悩ませてきている夫婦の問題です。浮気がバレて家族から説教されたにもかかわらず、また繰り返してしまうケースは珍しくありません。

妻より夫の方が浮気してしまうのは「寂しさや欲求不満」が関係しているケースが多いです。結婚後、妻は出産や子育てなど家庭を優先的に行動しがち。これまで夫だけを相手にしてきた妻は、育児や家事など毎日やることがたくさんあります。これにより夫は、どこか寂しさや不満が高まり浮気の道へ走ってしまうことが多いです。

なぜ浮気を繰り返すの?その心理とは

実際に浮気を繰り返す夫は、どんな気持ちなのでしょうか。浮気した男性に心理を聞いてみました。

家族にバレなければ大丈夫

  • 家族には申し訳ないと思うけど、バレなければ大きな問題ではないと思う。(37歳)
  • バレないように浮気相手と会う方が燃えるから。(32歳)
  • 一回目の浮気は自分のミスでバレた。2回目は細心の注意を払ってるから大丈夫。(28歳)

「浮気をしているのは悪いこと、でも家族に知られなければこの関係を続けたい!」このように、自分さえ良ければそれでいいという男性が多いです。

魅力的な女性に出会った

  • 相手は妻とは正反対の性格。仕事も同じプロジェクトの一員で趣味も合います。(35歳)
  • ドンピシャな女性に出会ってしまい、ひと目惚れしました。(30歳)
  • 恋愛経験が妻のみなので、年上の女性からのアプローチに負けてしまった。(30歳)

妻以上の女性はいないと思っていはずだったのに、職場やスポーツジムなどで魅力的な女性と出会ってしまうパターンが多いです。恋愛経験の少ない男性の場合、アピールの強い女性に負けてしまう夫もいました。

癒やしは別の女性に求める

  • 子供が生まれて妻はいつもイライラ。癒やされたくて別の女性と会ってしまいます。(28歳)
  • なんでも上から目線の妻と違い浮気相手は一歩後ろをついてくるタイプ。好きになったポイントです。(27歳)
  • 一緒にいると居心地がよくて、時間を忘れてしまうから。(34歳)

子供が生まれて家族が増えてから、ゆっくり過ごしたいと思う夫が多いようです。自宅ではできないリラックスを、浮気相手の自宅やホテルで求めているのでしょう。

お金と時間に余裕がある

  • 休日なのに1人でいる時間が多くて暇だったから。(39歳)
  • 昇給したら給料が上がり残業時間が減ったので、時間に余裕が出るようになりました。(38歳)
  • お小遣いをもらっても使いみちがなく…。一緒に飲んでいた子といい感じになってしまった。(35歳)

子供がある程度大きくなり、休日は子供の習い事などで家族が家を空けることも珍しくありません。一人になる時間が多くなり、浮気心が芽生えてしまうようです。

浮気を繰り返す男性に多い特徴

夫が一度、浮気した過去があったからといって、全員がまた浮気を繰り返すとは言い切れません。中には過去の浮気経験から、家族思いな夫に変わる男性もいます。

浮気を繰り返してしまう男には、次のような特徴が多いです。

  • 趣味がない
  • 飽きっぽい性格
  • 自信家である
  • 嘘をついても平気
  • コミュニケーション力が高い
  • カッコいい・オシャレ好き
  • 女性に対して優しい
  • 優柔不断
  • 精神面が弱い

寂しがりやで趣味がない、イヤと断れない男性は要注意です。

また、口が上手い人や聞き上手な人も女性からの好感度が高く、男性側から浮気してしまう可能性があります。

外にいる時間の多い夫は、女性と出会う日も多いです。「女性と出会いがないから大丈夫」と思っていても、今はインターネットで相手を見つけられるため、自宅で過ごす時間が多い夫も気をつけましょう。

浮気は繰り返す確率が高い!見抜き方

浮気心は消えないとよく言いますが、実際に浮気した男性は再犯率が高いです。浮気相手と関係を断ったはずなのに、数カ月後また会っているなど、頭を悩ませる妻を多く見かけます。浮気していないように見えて、もしかしてまた女性と会っている可能性も考えられます。どういった行動が怪しいのか、次の見抜き方でチェックしてください。

お小遣いアップを要求

  • ゲームをしない
  • ギャンブルが嫌い
  • 飲み会に行かないなど

趣味がなくお小遣いの使いみちはほとんどないはずなのに「お金が足りない」「増やして」など要求する夫は注意しましょう。自分のためではなく浮気相手のために必要なお金の可能性があります。とくにホワイトデーやクリスマスなど、イベント日のお小遣いアップは要観察です。

1人の時間が多くなった

  • 休日に1人で出かける
  • 趣味の時間が増えた

急に1人になる時間が多くなった夫は、特別な理由や証拠がない限り黒に近いと言えます。これまで趣味がひとつもなかったのに、釣りや美術館巡りなど1人でいるのが気楽という男性は、女性と一緒の可能性も考えられます。

忙しい日が多い

  • 明日出張になった
  • 日曜日は仕事

仕事が忙しくなることは家計にとって嬉しい話ですが、もしかしたら仕事を口実に浮気している可能性もあります。男性が浮気する理由に「休日出勤や出張」をよく使います。急に仕事が忙しくなったときは気をつけましょう。

もはや病気!繰り返す浮気の改善策

夫の浮気を繰り返させたくない!と思うのは、夫を愛する妻であれば皆同じでしょう。口で注意を促すだけではなく、夫が寄り添ってくれるような行動へ移すことも大切です。繰り返す浮気を改善したいなら、次の行動を実行してみてください。

夫婦一緒に楽しめる趣味を作る

趣味がないと時間に余裕が生まれ、またお金も貯まっていきます。この時間とお金を家族に使ってもらうために、夫婦が一緒に楽しめる趣味を見つけるのが理想的です。たとえば、夫婦一緒に楽しめるのは次のような趣味です。

  • 映画鑑賞
  • 料理(ラーメンをスープから作るなど)
  • DIY
  • スポーツなど

自然と会話が弾むもの、想像力が湧き出てくることがおすすめ!

映画鑑賞した後は、見たときの感想や次回見る作品選びなどで、夫婦が一緒に居る時間を楽しめます。

居心地のいい家庭環境を作る

妻は子育てに家事、仕事をしている人なら職場の悩みなど、一日24時間では足りませんよね。外出先から帰ってきた夫に「育児手伝ってよ」「掃除してよ」など、“◯◯してよ”というフレーズが増えていませんか?

気づけば母親のように小言が多くなり、夫にとって居心地の悪い家庭環境を作っている可能性があります。子育ては夫婦一緒にするものですが、夫にはまず1つのことから手伝ってもらいましょう。たとえば「子供と一緒にお風呂へ入ってもらう」「宿題を見てもらう」など、担当制にすると家での役割ができて居心地の良い家庭環境が整えられます。

「好き」という言葉を伝える

最近、愛情表現していますか?「愛している」など口にして言うのが恥ずかしいなら、“そういうところが好き”や“ありがとう”など心に響くようなさりげない言葉を伝えてみてください。寂しがりやの夫などに、このプローチは効果が高いです。

夫婦生活を充実させる

子供が生まれると、どうしても夜の夫婦生活が減ってしまいます。夫は出産するわけではないので、妻の痛みや苦しみなどわかりません。子育てって寝不足や体調不良など、一日では改善されない悩みが尽きませんよね。

子供も夫も相手するには相当な体力が必要ですが、週に1回でもいいのでスキンシップを心がけましょう。もちろん、週に1回のペースで夫婦生活という意味ではありません。できないときは次にできる日を約束して、愛情表現はボディタッチしてあげるのが理想的です。

浮気の罰則を決める

夫が浮気していることを知り、夫婦関係を再構築させる家庭もたくさんあります。次回、また同じことをしたらどうするのか、夫婦でしっかり話し合うことが大切です。

夫が二度と浮気なんてしたくないと思うような罰則や条件を紙に書き、サインをした証拠を作っておきましょう。

なにをしても浮気を繰り返すときの対処方法

なにをしても浮気を繰り返す夫がいます。自分1人で夫婦の再構築のために動いているのがバカバカしいですよね。繰り返す浮気に対処するためには、離婚を切り出すのも方法のひとつです。浮気で寂しさを埋めたり、妻に振り向いてもらいたくて浮気しているのであれば、離婚話は効果的です。しかし浮気相手と本気の恋に陥ってしまっていたら、妻からの離婚話も効果がありません。むしろ離婚を望んでいる夫には好都合でしょう。

いずれにせよ、浮気を繰り返す夫に離婚を突き詰めるには、証拠をしっかり集めてからにしましょう。スマホで女性とメールのやり取りなどをした形跡のあるキャプチャー画像も証拠のひとつになりますが、それだけでは夫にはぐらかされてしまう可能性があります。確実に浮気の証拠が掴めないときは、探偵に浮気調査を依頼するのもおすすめです。

まとめ|繰り返す浮気は問い詰めると逆効果

一度浮気した過去のある夫は、また繰り返す可能性が高いです。その心理はスリルを楽しんだり寂しさを女性に求めたりと様々です。浮気の証拠が不十分のまま夫を問い詰めてしまうと、逆に追い詰められてしまう可能性があります。離婚するにしても、証拠を掴むことが大切です。夫に白黒ハッキリしてもらいたい人は、調査のプロ、探偵へ相談する方が早いでしょう。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧