探偵の仕事
  • 浮気・不倫調査
336view

その浮気は調査する価値があるか?

その浮気は調査する価値があるか?

パートナーの浮気は、恋人でも夫婦でも関係なく許されるものではありません。だからこそ、ゆるぎない証拠を突きつけたい気持ちになるものです。しかし浮気の証拠は、そう簡単に見つけられるものではなく、探偵に浮気調査を依頼する規模で考えるとするなら、費用対効果の面も考慮する必要があるでしょう。

浮気調査を探偵に頼む価値はあるか?

探偵に浮気調査を依頼する場合、調査の価値があるかどうかを考えましょう。パートナーの行動がおかしい……どうも浮気をしているらしい、と疑いたくなることは、男女のつき合いや夫婦生活ではしばしばあることです。ただ疑わしい行動があるからといって、即探偵を雇ってパートナーの浮気調査を依頼するのではなく、探偵を雇ってまで浮気調査をする価値があるかどうかを考えたほうがいいかもしれません。

パートナーが浮気?まずは自分で調べる?

パートナーの行動が不審だからといって、それが浮気かどうかはわかりません。たとえばパートナーと会える回数が減ってきたとか、一緒に暮らしている場合は帰ってくる時間が遅くなってきたとか、他で自分以外の人と逢っているのではないか? と疑いたくなることもあったりします。問い詰めると、「最近、仕事が忙しい」としか答えないと、やはり浮気を疑うわけです。

しかしこの時点で探偵を雇うのは早過ぎます。探偵が調べた結果、ホントに仕事で忙しかっただけだとしたら、目も当てられません。浮気調査を探偵に依頼するのは、ある意味“最終手段”です。出来る範囲でパートナーが浮気をしている証拠を調べてみましょう。

“素人探偵”では限界があるからこそ探偵がいる!

個人レベルでパートナーの浮気を調べるのは限界があります。スマホにロックを掛けるようになったとか、自分と会う時間が減ったとか、浮気を疑うような行動をパートナーが取り始めた場合、まずは自分自身でその真相を探りたくなります。
しかしあからさまに「スマホの中身を見せて」とか、出かける度に「どこで誰に会った?」などと聞き質しても、パートナーはそんなツッコミをかわす“嘘”を予め用意して、浮気を絶対に認めないのが普通です。

かといって、面が割れているパートナーを尾行したところで、簡単にバレてしまうでしょう。もし素人尾行で浮気の現場が簡単に押さえられるとしたら、それは余程パートナーが迂闊だった場合だけです。
ただ出来る範囲でもパートナーの素行を調べれば、あきらかに隠し事をしている状況は発見できます。そんな時こそ調査のプロである探偵を雇って、真相を究明するわけですが、
“探偵を雇ってまで真相を知る価値があるか?”
という問題を考えなければなりません。

パートナーが夫婦でない場合、探偵を雇う価値はある?

探偵を雇ってまで浮気調査をする価値があるのは、自分とパートナーとの関係が、浮気によって破綻し、その結果精神的なダメージだけではなく、経済的に大きな損失が生まれる場合でしょう。ニッポンは自由恋愛を認められた国です。したがって基本的には誰とつき合ってもいいのですが、どちらか……あるいは両方が既婚者だと問題が発生します。

パートナーといっても、関係は様々……

パートナーが浮気をしている場合、そのパートナーとの関係性で、対処方法は変わってきます。パートナーといっても様々な関係があります。

  • 単なる恋人同士で、将来的に結婚するのかどうかもハッキリしていない関係
  • 結婚を前提につき合うことをお互いに確認して交際している場合
  • 様々な事情で正式に結婚してはいない(籍は入れていない)が、もう何年も一緒に暮らしている“事実婚”
  • 普通に籍を入れて、結婚生活を送っているケース

といった色んなパターンがあります。しかしどの場合も、現在進行形でつき合っているのであれば、お互いがパートナーです。そのパートナーに黙って他の異性と“お付き合い”をしているとするなら、浮気と認定されるでしょう。

探偵の調査費用は安くありません。パートナーの浮気を探偵に依頼してまで調べる必要があるかを考えましょう。パートナーの浮気によって自分の受ける損失とは何か、が重要になってきます。

ただの恋人であれば、わざわざ浮気調査をする必要はなし?

まず特に将来を約束したわけでない単なる恋人同士だった場合、わざわざ探偵を雇ってまで真実を明らかにする必要があるかを考えましょう。パートナーの浮気によって自分のプライドが傷つけられて心を深く傷めている気持ちも分かりますが、ニッポンは自由恋愛OKの国です。感情を省いて考えるのであれば、別れを選択するだけの話です。

もし婚約もしていない単なる恋人関係で浮気の真相を探るために、わざわざ探偵まで雇って証拠を突きつけたとします。しかし婚姻関係のないカップルの場合、法的措置には及びませんから、それらの行動によってパートナーが引いてしまうだけでしょう。そうなると二人の関係の修復は不可能ですし、未来のない相手にそこまでコストをかける必要はないといえます。

フィアンセ、あるいは内縁の相手の浮気! 探偵を雇う価値が出てくるケース

パートナーが婚約者だったり、すでに何年も同棲している事実婚状態の関係だった場合、あるいは相当額の金品を相手に貸すなどしているのであれば、浮気調査を探偵に頼む価値は出てきます。
しかしパートナーが婚約者であった場合、近い将来は結婚という人生設計に大きな障害となることは間違いありません。

浮気の証拠を確保して、慰謝料及び損害賠償の請求が可能!

浮気の確たる証拠を掴めば、結婚話が破談になる可能性は高く、すでに結婚準備などに使ったお金を含めて、慰謝料など損害賠償をパートナーに請求できるでしょう。こうした婚約者の身辺調査は、浮気の証拠調査だけでなく、娘や息子の両親などが子供の結婚相手に相応しいかどうか調べるケースも珍しくありません。その結果、つき合っている相手が結婚詐欺師だったり、多額の借金があることを隠していたり、ドラマみたいな真実が炙り出されることもあるようです。

長年事実婚のパートナーも、浮気の証拠を取る価値あり

次に籍は入れていないものの、もう何年も事実婚関係が出来てしまっているパートナーの浮気も、これを機会にスッパリ別れたいというのであれば、探偵を雇って浮気の証拠を取る価値はあります。どんな事情で正式に籍を入れなかったのか、個人個人で事情があるでしょう。しかし一緒に暮らして事実上結婚生活を送っている状態であれば、パートナーの浮気によって、その生活が壊されるわけです。パートナーに当然損害賠償を請求できますし、別れるとなれば資産分与といった問題も出てきます。

自分に有利な条件で別れたいのであれば、最終的に民事裁判へのもつれ込みも想定して行動しましょう。探偵を雇って、浮気の証拠をしっかり確保しておく価値はあります。

”金銭”が絡む関係は、探偵を雇う価値がある?

その関係が事実婚だろうと婚約者だろうと、はたまた単なる恋人だろうと、パートナーに多額の金品を貸している状態で、相手の浮気を疑うような事態が起きた場合も、探偵を雇って真実をハッキリするべきかもしれません。
またパートナーが常習的な結婚詐欺師で、たまたま浮気をした結果、騙されていたことに気づいたとします。その場合でもパートナーに貸した金品を確実に取り戻すには、浮気をしたという動かぬ証拠が必要です。そうしなければ相手は浮気を素直には認めないでしょう。

ちなみに“多額の金品”といっても、これも人によって価値観が微妙に違ってきます。探偵を雇って浮気の証拠を掴み、探偵の調査費用も含めて損害賠償をパートナーに請求するとして、パートナーがその金額を支払う保証はありません。
特に正式な婚姻関係がない場合、実際に貸した金額くらいしか“回収”出来ない可能性もあります。浮気された怒りでブチ切れ、勢いで探偵を雇うのはちょっと待って。弁護士などに相談した上で、探偵を雇うかどうかを検討しましょう。

夫婦であれば、探偵を雇って浮気を調べる価値はある!

パートナーとは正式に籍を入れた夫婦で、浮気が許せず離婚するつもりであれば、探偵を雇ってでも確実な浮気の証拠を押さえておくべきです。そうすれば有利な条件で相手と別れることが可能ですし、浮気相手からも慰謝料を確実に取ることができるでしょう。

昔、浮気は犯罪だった?

その昔、ニッポンは父親を中心とした家長制度の国でしたので、やたら家長の血統を重んじる傾向にありました。そんな理由から夫婦間に出来た子供の“正当性”が重要視され、その正当性を脅かす不倫(この場合、妻がする不倫)には、<姦通罪(かんつうざい)>という刑事罰が科せられていたのです。

この姦通罪は、浮気をした妻とその浮気相手に刑事罰が下される一方、夫のほうは他の女性と“良い仲”になっても裁かれずに済むという、現代の価値観からすると男尊女卑に満ちた法律でした。
当然、男女平等の考えが導入された戦後の日本で姦通罪は廃止されましたが、それはあくまで浮気が発覚した場合、刑事事件に発展しなくなったというだけで、浮気がOKになったわけでありません。現在でも結婚は、パートナーと“婚姻契約”を法的に結ぶことです。

現在、結婚をすると課せられる義務とは?

日本の結婚制度は、婚姻する夫婦に対して色々な“義務”を課しています。主なモノは、

  • 結婚した夫婦は、夫もしくは妻の姓を名乗らなければならない(民法750条)
  • 夫婦は同居して互いに協力し、助け合わなければならない(民法752条)
  • 夫婦はお互いに貞操義務を負う(明文化された法律はないが、判例アリ)

などです。

夫婦の使う「姓」は、近年“夫婦別姓”が叫ばれるようになり、そのうちに撤廃される可能性も出てきました。しかし戸籍上、夫婦は同姓のほうが管理しやすいので、社会的には別姓で通す一方、戸籍では同姓というパターンが増えるかもしれません。
また夫婦は“同居しなければならない”と法律で明文化されていますが、企業の都合で単身赴任で別居する夫婦が横行しています。

結婚制度は努力目標。刑罰はないけれど、怠ると離婚時など不利に

こうした状態が許されているのは、民法上で定められた夫婦の義務が、あくまで“努力目標”だからです。これらの義務を違反したところで刑事罰……つまり逮捕されて裁判にかけられた挙句、罰金や懲役のような刑罰を科せられることはありません。

婚姻関係において夫婦に課せられた義務を怠ると離婚の原因になり、更には慰謝料など不利な条件を負うことになります。法律では決まっているけれど、違反したところで刑事罰がない“夫婦の義務”を努力義務だからと言って守らなくていいわけではありません。

むしろ夫婦の義務を怠ると、それが相手から離婚を要求される理由になってしまいます。そして離婚理由として言い訳のしようがないもの、それが貞操義務違反……つまり“浮気”になるわけです。
基本的に自由恋愛OKである上に宗教国家でもない日本は、結婚が自由なら離婚も自由です。ただすんなり結婚したり離婚したりはできず、最低限の条件があります。それは“双方の合意”です。

自由恋愛OKの現代でも、既婚者の浮気は禁止!

結婚をする場合、大抵双方合意の上で話は進みますが、離婚の場合は一方が離婚したいと望んでも、パートナーが応じないこともよくあります。それでも離婚したいとなると、裁判所を巻き込んで<調停>、そして<裁判>へと発展するわけです。ただし離婚を申立てるに足る理由として明文化しているモノのひとつに、“配偶者に不貞な行為があったとき”という項目を挙げています。

これは民法770条で、夫婦のどちらかが離婚を訴え出る正当な理由として、いの一番に書いてある項目です。日本の法律は夫婦生活の義務として「浮気をしちゃいかん」とは明文化していませんが、浮気が離婚したくなる正当な理由だと認めていることになります。したがって浮気が発覚した場合、浮気をされたほうはパートナーに対して、問答無用で離婚を迫れるわけです。

確実に有利な条件で離婚したいなら、浮気の証拠が必要!

浮気を理由に離婚を迫る場合、確かな証拠が必要になります。夫、または妻が浮気をしている疑惑が発覚しても、“疑惑”だけでは有利な離婚に持ち込めません。夫婦間の話し合いだけで、パートナーが素直に浮気の事実を認め、自分のだした条件を全て飲んだ上で離婚できれば問題はないでしょう。しかし世の中、そんな上手い具合に事は済まないのが普通です。

まずパートナーは、そう簡単に浮気の事実を認めないでしょう。仮に認めたとしても離婚まで話が発展すれば、慰謝料や財産分与といった金銭の話で折り合いがつかず、結局ドロ沼の離婚裁判になってしまいます。離婚話がこじれて裁判所の法廷までもつれ込んだ場合、必要なのは裁判官を納得させるだけの証拠です。

パートナーが複数回にわたって浮気相手と浮気をしていた……という事実を示すことが出来れば、裁判での勝利は確実でしょう。こうした客観的な証拠を素人が自分一人で集めることは、まず不可能です。
そこで探偵を雇って浮気調査を依頼する価値が出てきます。調査に掛かった費用は、パートナーやその浮気相手に請求する慰謝料に上乗せしても構いません。そうしなかったとしてもパートナーや浮気相手からは、調査費用以上の金銭搾取は十分に可能です。

~まとめ~ 浮気調査で探偵を雇う前に費用対効果を考えよう!

探偵を雇う浮気調査、決して安くはありません。真っ当な探偵社であれば調査期間中、専門のスキルを積んだ調査員が、調査対象者であるパートナーに張り付いて、その行動を随時チェックするわけです。つまり“プロ”を自分のために専属で雇い入れるわけですから、それなりの費用が掛かるのは当然でしょう。

浮気調査を依頼する前に考える必要があるのは、そうしたプロを雇ってまでパートナーの浮気を確かめる価値があるか?ということです。正式な夫婦で浮気をしたら即離婚だと決めている場合や、パートナーに多額の金銭を貸している場合など、浮気が原因によるパートナーとの別れが大きな経済的損失を生むのであれば、有利に事を運ぶための浮気調査を探偵に依頼する価値はあります。

もちろん、パートナーと別れても特に大きな経済的損失がない恋人などの関係でも、浮気調査は行なえます。浮気をして呆ける相手に、動かぬ証拠を突きつけて溜飲を下げたいという理由で浮気調査をしたい方もいるでしょう。

浮気調査を探偵に頼むか頼まないかを判断するのは、あなた自身です。信じていたパートナーの裏切りを疑い心穏やかではない精神状態だとしても、探偵を雇う場合は費用対効果の吟味をおすすめします。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧