良い探偵の探し方
58view

悪徳探偵は実在する!その実態とは?

悪徳探偵は実在する!その実態とは?

探偵業界を一新するため、探偵業法が施行されたとはいえ、依頼者を騙すような悪徳を働く探偵業者が存在しているのも事実です。しかし傍目には悪徳かどうか見抜けません。どんな行為を働く探偵が悪徳か、調査依頼を行なう前から事前に情報を確認しておく必要があります。

世の中には依頼人の為にならない“悪徳探偵”が実在する!

悪徳探偵というのは実在します。調査を依頼する場合、結果を出せない“無能な探偵”というのもいますが、それ以上に依頼人から必要以上に金を巻き上げようとするのが“悪徳探偵”です。探偵業というのは遡れば明治時代からあった古い職業ですが、開業するにあたって、特に資格や免許は必要ありませんでした。

つまり基本的には、いつでも誰でも探偵の看板を掲げて営業できたのです。探偵業界は長い間、そんな“野放し”状態だったせいで、探偵を名乗っていても、何のスキルもない“なんちゃって探偵”や、大した仕事もせずに、依頼人から金を巻き上げることばかり考える悪徳探偵が跋扈していました。

探偵業界をクリアに。探偵業法2007年に施行

さすがに政府もマズイと思ったのか、2007年に<探偵業法>という法律を作り、業界から悪徳探偵を締め出そうとしています。この探偵業法のキモは、

  • 探偵開業を届出制にして、勝手に探偵になる者を排除する
  • 悪質な違反を行った探偵に対しては、届出を無効化する

というモノです。

探偵を開業するにあたって、国家資格などは今でも不要ですが、それでも開業するには地元の公安委員会に届出を行い、許可証をもらうことが必要になりました。この届出は一応審査があり、

  • 未成年でないこと
  • 過去5年以内に暴力団構成員でないこと
  • 過去5以内に探偵業法に違反して罰金刑をくらったり、禁錮以上の刑事罰をうけていないこと
  • 破産者でないこと

という条件をクリアする必要があります。

これらの条件は、いずれも時間が経てば誰でもクリアできるモノです。探偵業法の目的は届出制を導入することにより、探偵業者を把握し、不正を働く悪徳業者を排除することでしょう。

探偵業法施行前から探偵業を営業していた業者も届出の対象ですが、先にあげた条件をクリアしていれば、すんなり許可は出ます。つまり許可取消になるような不祥事の記録が残っていない限り、悪徳探偵でも引続き探偵業界に残っているわけです。

悪徳業者に引っ掛かると、こんな損害が?

悪徳探偵に仕事を依頼してしまうと、主に経済的な被害を被ることになります。悪徳探偵は、自らを
「ウチ、悪どい商売してます」
というわけはありません。むしろ言葉巧みに依頼人を信用させるのが得意です。

雇った探偵が有能な探偵か、悪徳探偵かなどというのは、実際に仕事をさせてみないとわからないわけで、不幸にも雇った探偵が悪徳だった場合、

  • 成果が出ない
  • 無駄に金が掛かる
  • 違法な捜査をする

などの実害が出ます。

調査をしても結果でない!

依頼しても期待通りの成果が上がらない場合があります。もちろん探偵が優秀であっても、ターゲット(調査対象者)のガードが固く、探偵の調査を交わして、尻尾を掴ませないというケースもあるでしょう。ただ悪徳探偵の場合、
“実際には調査していない”
という事があるわけです。

依頼を受けて着手金まで取っておいて何の調査もせず、
「この日はターゲットに尾行を気づかれて、調査を断念」
などと書いて、虚偽の報告書を作ります。依頼人は探偵と同行して尾行をするわけではないので、探偵の報告書を信じるしかないわけです。

結果が見えず中身空っぽ、作りだけしっかりした報告書に注意

普通探偵への依頼は、三日なら三日と調査期間を決めて行うので、調査結果が出るまで無制限に調査続行を依頼することはありません。調査期間中、いかにも仕事をしているような報告書を作るわけですが、悪徳探偵のした仕事はそんな“嘘の報告書”をつくるだけです。事務所でデッチ上げの報告書を作って、依頼人から高額な調査費を踏んだくる悪徳探偵は実在します。

またもっとタチが悪い場合、期間中に成果が上がらなかったのを理由に、再調査をするように勧めてくるわけです。うっかり相手を信用して再調査を依頼したら、また同じことの繰り返しでしょう。さも調査しているような報告書を上げてきますが、実際は何の調査もしていません。金を取れる相手からは、取れるだけ取ろうと考えている悪質な業者です。

実力なし、成果の出せない探偵は疑いましょう

この“何もしない探偵”は、正体を見破るのが難しいのですが、早い段階で成果を出せない時点で疑うべきでしょう。尾行を失敗したといった報告書を受け取った場合、探偵がその尾行に投入した調査員の人数や、尾行がバレた場所など詳しい事情を聞くと、疑わしい点に気づくかもしれません。また最初の調査期間で、何の成果も出せなかった探偵を再び雇うのは止めたほうがいいでしょう。どうしても探偵を使って調べたい事があれば、別の探偵を探すべきです。

はじめに聞いた話と違う? 想定外の調査費用!

必要以上に経費が掛かる探偵も悪徳と言えます。これは探偵業に限った話ではありませんが、仕事をするのに必要な機械の使用料を請求する業者です。専門機器というのは確かに高額なモノで、償却のためには顧客に経費として使用料を請求するのは悪いことではありません。

ただし、その機械を使用しないとホントに仕事が出来ないのか?と考えると話は変わってきます。たとえば浮気調査でターゲットと浮気相手の会話を盗聴するというミッションを探偵がする場合、盗聴器を仕掛けるというのは、ターゲットと浮気相手が会話を交わす場所であるホテルや浮気相手の部屋に忍び込む必要があります。しかしこれは<建造物侵入罪>という違法行為ですので、使用できません。

ただ世の中の科学技術というのは、目覚しい進歩をしていまして、ターゲットと浮気相手が居る部屋の窓に、レーザー光線やマイクロウェーブを照射してガラスの振動をとらえ、その振動から中に居る人間の会話を聞き取るという機械は実在します。この手の盗聴器を使えば、盗聴は可能だと言って調査する探偵、あるいはすでにこの機械を使って調査をしたといって、高額な調査料を請求してくる探偵は要注意です。

予定外の調査費用請求……事前の契約書条項を確認、項目追加を

まず問題なのは、
“そこまでして、ターゲットと浮気相手の会話を聞きだす必要があるのか?”
ということでしょう。依頼人がどうしても二人の会話を聞きたいと望めば、優良な探偵でもそれが可能な方法を提案し、経費も提示します。そして依頼人が方法と費用に納得した上で調査に掛かるわけです。

しかし悪徳探偵は、依頼人の希望とは関係なく
「必要な調査です」
と断言して勝手に調査をした挙句、当初の見積を大きく上回る調査費を請求してきます。

こうした手口を回避するには、正式に結ぶ契約書の条項に

  • 調査に掛かる使用機材の経費は、事前に依頼人に報告する
  • 依頼人に無許可で使用した機材の経費は支払わない

という条件をつけておけば防げるでしょう。

平気で違法行為を行なう探偵がいる!

調査をするにあたって、違法行為とされている手法を平気で行う探偵がいます。ありがちなのは尾行をするのに、ターゲットの乗っている車や使っているカバンなどにGPS発信機を付ける行為です。本来の尾行というのは、探偵が密かにターゲットを追うという息も詰まるドラマのような世界でした。ところがGPS発信機を付ける尾行は、発信機の電波をパソコンなどで受信すれば、ターゲットの傍にいる必要もありません。

GPSの取り付けると、住居侵入罪の可能性が……

そういう意味で“大変楽な仕事”ができるわけです。しかしGPS発信機を勝手に付けるの行為は違法です。まずGPS発信機を取り付けるためには、ターゲットの車に探偵が直接接触する必要があります。そうしたチャンスは普通ターゲットの家か、通勤先の駐車場に車が停めてある状態でなければなりません。駐車場は基本的に他人の私有地ですので、使用許可のない者が立ち入れば<住居侵入罪>になるわけです。

依頼人がターゲットの家族で、ターゲットと車を共有する立場にある場合、依頼人自ら車にGPS発信機を取り付ければ、GPS尾行の違法問題はクリア出来ます。しかしそうした相談も無しで、探偵が楽に尾行をしようと思って勝手にGPS発信機を取り付けることもありますので、調査方法は事前にしっかりと確認しましょう。

最悪の悪徳探偵とは?

調査で知りえた情報を悪用する最低の悪徳探偵もいます。浮気調査というのは、ある意味重要な“秘密”です。コレを悪用して金儲けをする悪徳探偵というのは、探偵業法に定められている“守秘義務”に違反するだけではなく、<恐喝罪>という立派な刑法犯を犯す犯罪者になります。

結果を出して、ターゲットに接触。その目的とは……

具体的な手口は、依頼人から妻や夫の浮気調査を請け負った探偵が、依頼通りパートナーの浮気調査を行なうところから始まります。依頼人の予想通り、ホントにパートナーが浮気をしていた場合、探偵は浮気の動かぬ証拠を押さえるわけです。この証拠を依頼人に提出すれば、探偵の仕事は終わりなのですが、悪徳探偵は依頼人に報告する前に、なんとターゲット(調査対象者)である浮気をしていたパートナーに接触します。

「わたし、奥さん(旦那さん)に雇われた探偵なんですけどね…アナタ、浮気してるでしょ?」
悪徳探偵は浮気をしていたパートナーに、浮気の証拠を突きつけ、そして「黙っていて欲しければ…」と金銭を要求するわけです。

また依頼人に対しては、
「奥さん(旦那さん)の浮気は、疑わしいんですが、完全な証拠を押さえることが出来ませんでした。もう少し調査期間を延ばせばなんとかなりそうです」
などと、再調査を勧めます。つまり悪徳探偵は、依頼人とターゲットの両方から金を巻き上げるわけです。

「探偵はな、依頼人を裏切ったら終わりなんだよ」
というのが、昔からの“探偵の矜持”であり、それを無視してターゲットを強請るなんて、小説やドラマにしか登場しない悪党かと思いますが、ターゲットを脅迫した探偵は実在し、刑事事件にまで発展した例があります。

こんな悪徳探偵を事前に知るのは難しいのですが、過去にこうした犯罪を犯した探偵は、公安委員会から懲戒を受けますし、記録にも残ります。探偵業法に違反して処分を受けた探偵業者は、地元の警察署か公安委員会のHPに掲載されているので(掲載のない自治体もアリ)、怪しいと感じたら、その探偵の素性を調べてみましょう。

まとめ~悪徳探偵には十分に注意を!~

調査を依頼する探偵を探すときには、十分に注意しましょう。長い間、何の規制もなかった探偵業界は、真面目な探偵業者に混じって、不当に金を巻き上げようとする悪徳探偵が暗躍しているのは事実です。そうした百鬼夜行のような業界の浄化を狙って探偵業法という法律が施行されました。しかし探偵業界全体の健全化には、まだ時間がかかりそうです。

ですから仕事を依頼する探偵を探すときは、十分な注意が必要になります。昨今の探偵探しはスマホやパソコンで探偵のHPを見て行うのが主流になりました。そんな探偵のHPは、当然集客が目的ですので、見た人を安心・納得させる美辞麗句が並んでいます。HPに書いてある内容をそのまま信じることは止めて、眉に唾をして慎重に探偵を選びましょう。